美容院・美容室・ヘアサロン・理容室・理容院向けの税理士

下のバナーのクリックをお願いします!

  • ブログランキング【くつろぐ】
  • ブログランキング・にほんブログ村へ

ビジネス書書評ブログリング

AddClips

ブックマーク

RSS登録もどうぞ

検索ワード

そのほかのバナー

  • 携帯アクセス解析
  • あわせて読みたいブログパーツ

北海道新聞

無料ブログはココログ

« スマート革命―自動車・家電・情報通信・住宅・流通にまで波及する500兆円市場 | トップページ | 不況は人災です! みんなで元気になる経済学・入門 »

思惟の道としての現象学 超越論的媒体性と哲学の新たな方向

思惟の道としての現象学 超越論的媒体性と哲学の新たな方向 思惟の道としての現象学 超越論的媒体性と哲学の新たな方向
新田 義弘

以文社  2009-12-04
売り上げランキング : 698161

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

本書は哲学の中でも「現象学」という分野を確立させた、エトムント・フッサールが生誕150周年を記念し、新たに「現象学」というのを見直すということから本書は上梓された。

そもそも「現象学」とは何なのだろうか、というところに入っていくが、もともと哲学は私たち、もしくは物体の「存在」の意義を問うことが多い中で現在起こっていること、いわば「現象」の観点から読み解いていく分野のことを示している。しかしその「現象」は哲学者それぞれ観点が違っており、「現象学」を学んでいる、もしくは研究をしている学者の分ほどある。

フッサールが出てくる以前に、「現象学」はあった。最近話題となっているヘーゲルが「精神現象学」というのを1807年に出版されたことから「現象学」という言葉は使われ始めた。しかし「現象学」そのものが多用され始めたのはフッサールの時代である。

そしてそのフッサールの「現象学」を発展させ「存在論」を導き出した哲学者がいる。ハイデッガーである。「ニーチェ」や「存在と時間」といった作品で有名である。

本書はフッサールやハイデッガーにまつわる論文、さらに公では明かされていない論文も取り上げられており、フッサールにまつわる研究が深部にまでいたっている。フッサールに関してそれなりに呼んでいる人であれば新たな発見ができる一冊であるが、哲学の初心者は最初に本書を読むことよりも、入門書を読んでから、本書に入ることをお勧めする。

« スマート革命―自動車・家電・情報通信・住宅・流通にまで波及する500兆円市場 | トップページ | 不況は人災です! みんなで元気になる経済学・入門 »

書評の部屋」カテゴリの記事

書評の部屋(人文)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1019087/37729446

この記事へのトラックバック一覧です: 思惟の道としての現象学 超越論的媒体性と哲学の新たな方向:

« スマート革命―自動車・家電・情報通信・住宅・流通にまで波及する500兆円市場 | トップページ | 不況は人災です! みんなで元気になる経済学・入門 »

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

セミナー&イベント出没情報

ご意見等こちらでどうぞ

  • kuramae0712★gmail.com (注:★を@に変換してください)

Facebook

Mixiリンク

  • マイミク大歓迎。そうでない人もアカウントがあれば私のより詳しいプロフィールを見ることができます。
    mixi(ミクシィ)やってます!

ブクログ

書評ぶろぐ

著者

出版社

当ブログのレベル

人気記事ランキング