美容院・美容室・ヘアサロン・理容室・理容院向けの税理士

下のバナーのクリックをお願いします!

  • ブログランキング【くつろぐ】
  • ブログランキング・にほんブログ村へ

ビジネス書書評ブログリング

AddClips

ブックマーク

RSS登録もどうぞ

検索ワード

そのほかのバナー

  • 携帯アクセス解析
  • あわせて読みたいブログパーツ

北海道新聞

無料ブログはココログ

« カレーライスは何口派? | トップページ | 梅棹忠夫に挑む »

昆虫食古今東西

本書は日本のみならず世界各国の昆虫食を集めた一冊である。

日本で昆虫食として有名なのが「イナゴの佃煮」や「蜂の子」などが挙げられる。しかし他にも食用の昆虫もあり、私の中でも知らないものが沢山ある。

では日本以外ではどのように食べられているのか。例えば韓国では「ポンデギ」が有名である。「ポンデギ」とは蚕のさなぎをゆでたり、蒸したりして味付けをしたもので非常に独特なにおいをしている。あまりの強烈さに日本では罰ゲームとして使われることが多いが、本場の韓国ではおつまみとして人気である。

他にも中国を始め世界各国の昆虫食が紹介されていたのだが、本書を見るとアフリカ大陸が最も多かったように思える。

昆虫食で一番強烈だったのは本書には掲載されていないが、中国かどこかに「サソリの躍り食い」というのをTVにて見たことがある。サソリと言えば尻尾に毒を持っていることで知られているが、その毒性のある尻尾を先に切り離して食べるのだという。

昆虫は前述のように毒性のあるものから、栄養価の高いものまである。ゲテモノの様に思えるが意外と食べられているものまである。昆虫に関して好奇心の旺盛な人、珍しい食べ物を知りたい人にはもってこいの一冊である。

« カレーライスは何口派? | トップページ | 梅棹忠夫に挑む »

書評の部屋」カテゴリの記事

書評の部屋(理数系)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1019087/37295849

この記事へのトラックバック一覧です: 昆虫食古今東西:

« カレーライスは何口派? | トップページ | 梅棹忠夫に挑む »

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

セミナー&イベント出没情報

ご意見等こちらでどうぞ

  • kuramae0712★gmail.com (注:★を@に変換してください)

Facebook

Mixiリンク

  • マイミク大歓迎。そうでない人もアカウントがあれば私のより詳しいプロフィールを見ることができます。
    mixi(ミクシィ)やってます!

ブクログ

書評ぶろぐ

著者

出版社

当ブログのレベル

人気記事ランキング