美容院・美容室・ヘアサロン・理容室・理容院向けの税理士

下のバナーのクリックをお願いします!

  • ブログランキング【くつろぐ】
  • ブログランキング・にほんブログ村へ

ビジネス書書評ブログリング

AddClips

ブックマーク

RSS登録もどうぞ

検索ワード

そのほかのバナー

  • 携帯アクセス解析
  • あわせて読みたいブログパーツ

北海道新聞

無料ブログはココログ

« 自分で考える社員のつくり方 | トップページ | 第4回 新刊公開企画会議 (SK3) 感想 »

詩集 夕暮

詩集 夕暮 詩集 夕暮
平岡 敏夫

鳥影社  2007-10
売り上げランキング : 1781098

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

普通、「詩集」というと自らの思いや感じたことをそのまま散文的な文章を「オリジナル」で書かれている。そこから作られた文章は論理や理屈といった世界から解き放たれながらも一文一文に、力や思い、情景や趣などが込められており、自ら言葉という名の不思議な世界に溶け込んでいくかのような錯覚を覚える。

しかし本作はそれとはかなり異なっている。簡単に言うと昔の軍歌や流行歌、小説の内容をアレンジしながら詩を作っているのである。もちろんテーマである「夕暮」に沿って、である。

「昔の軍歌や流行歌、小説の内容をアレンジした」というだけあって、一昔前ののどかな夕暮が本書の詩を読んでいくうちに見えてくるような気がした。
子供の頃は家でゲームが大概だった。それでも友達と虫取りをしたり野球やサッカーをして遊ぶこともあった。むしろ子供の頃スポーツをしていた頃を考えると土曜日の午前中が多かった。そのときは体育館が開放され、バレーボールやバスケットボールをやったことを今でも覚えているほどである。

ともあれ遊ぶのがだいたい終わるのは夕暮時であり、夕焼けとともに家に帰る。
今と子供の頃、そして詩に出てくる戦前の夕焼けはどのように違うのかと言うと、建物の点で変化があるといえば変化はあるが、空は今も昔も変わりなく、黄昏色になり夜を迎える。それは時代が変わっても、状況が変わっても、風景が変わっても、変わらないものである。

« 自分で考える社員のつくり方 | トップページ | 第4回 新刊公開企画会議 (SK3) 感想 »

書評の部屋」カテゴリの記事

書評の部屋(文芸・評論)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1019087/34825381

この記事へのトラックバック一覧です: 詩集 夕暮:

« 自分で考える社員のつくり方 | トップページ | 第4回 新刊公開企画会議 (SK3) 感想 »

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

セミナー&イベント出没情報

ご意見等こちらでどうぞ

  • kuramae0712★gmail.com (注:★を@に変換してください)

Facebook

Mixiリンク

  • マイミク大歓迎。そうでない人もアカウントがあれば私のより詳しいプロフィールを見ることができます。
    mixi(ミクシィ)やってます!

ブクログ

書評ぶろぐ

著者

出版社

当ブログのレベル

人気記事ランキング