美容院・美容室・ヘアサロン・理容室・理容院向けの税理士

下のバナーのクリックをお願いします!

  • ブログランキング【くつろぐ】
  • ブログランキング・にほんブログ村へ

ビジネス書書評ブログリング

AddClips

ブックマーク

RSS登録もどうぞ

検索ワード

そのほかのバナー

  • 携帯アクセス解析
  • あわせて読みたいブログパーツ

北海道新聞

無料ブログはココログ

« 大人として読むべきオススメの本は? | トップページ | 日本の動物法 »

私訳 歎異抄

私訳 歎異抄 私訳 歎異抄
五木 寛之

東京書籍  2007-09-01
売り上げランキング : 16820

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

「歎異抄」は鎌倉時代後期に親鸞の弟子である唯円が書かれたものと言われているが、諸説ある(ただし、親鸞の弟子が書いたというのは確かである)。浄土真宗の祖である親鸞の教えを学び、それを忠実に従っていた唯円は恩師である親鸞の死に伴って、多くの異端者が出たことを嘆いた。親鸞が存命の時にも彼の実施を関東・波紋をした事件である「善鸞事件」というのが起こった。「歎異抄」はその事件以降のことについて恩師の親鸞より直接聞いた話を記している。親鸞の教えをじかに聞いたことを無解釈で書きとめることは非常に難しいことであるが、親鸞の教えを忠実に守っている唯円だからでこその作品である。
その作品を翻訳ならぬ「私訳」を行ったのが「青春の門」「大河の一滴」でおなじみの五木寛之氏である。「歎異抄」も本書をはじめ昨年は新書も出されており、かつ昨年には小説として「親鸞」も上梓している。親鸞に限らず仏教にまつわる研究も著しい(現に80年代に仏教史を学ぶため執筆業を窮牛したこともあった)。「歎異抄」を自分なりの解釈によるとどのようになるかということについて書いた一冊である。本来は「私訳」のあとに「原典」の順であるが、本来の作品はどうなのかから見たいため、逆から紹介している。

「原典」
親鸞の教えには人生において様々なことを教えてくれる…と言いたいところであるが、あくまで親鸞が愛弟子に言ったことを、弟子がまとめたものである。人生における教えばかりではなく「善鸞事件」の経緯やそれに関しての親鸞の感想、親鸞の教えを従わないもの(こと)についての「異義」をあげ、その理由について述べたものである。ある種の批判本という解釈というべきかもしれない。

「私訳」
ではこれを五木氏が解釈をしたらどのようになるのだろうか。「私訳」というだけあって、親鸞が心優しく見えるような気がした。原典では「善鸞事件」や異義を行っている人の批判をストレートに行っているのに対し、「こういうことをやってはいけない」というように、優しく諭しているイメージであった。
小説家が最も得意とする「ストーリー」を描くという意味合いから「歎異抄」を解釈したのではないかと考えられる。

「歎異抄」の中で親鸞は何を伝えたかったのか、これは文学的にも宗教学的にもまだ議論の余地がたくさんある、それと同時に著者が言うように「謎に満ちた存在」とも言える。著者が仏教の研究を行っていく中で、「歎異抄」の解釈がどのように変わっていくのだろうか、続編が見てみたいし、昨年出た「歎異抄」や親鸞についても見てみたい。

« 大人として読むべきオススメの本は? | トップページ | 日本の動物法 »

書評の部屋」カテゴリの記事

書評の部屋(文芸・評論)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1019087/33848474

この記事へのトラックバック一覧です: 私訳 歎異抄:

« 大人として読むべきオススメの本は? | トップページ | 日本の動物法 »

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

セミナー&イベント出没情報

ご意見等こちらでどうぞ

  • kuramae0712★gmail.com (注:★を@に変換してください)

Facebook

Mixiリンク

  • マイミク大歓迎。そうでない人もアカウントがあれば私のより詳しいプロフィールを見ることができます。
    mixi(ミクシィ)やってます!

ブクログ

書評ぶろぐ

著者

出版社

当ブログのレベル

人気記事ランキング