美容院・美容室・ヘアサロン・理容室・理容院向けの税理士

下のバナーのクリックをお願いします!

  • ブログランキング【くつろぐ】
  • ブログランキング・にほんブログ村へ

ビジネス書書評ブログリング

AddClips

ブックマーク

RSS登録もどうぞ

検索ワード

そのほかのバナー

  • 携帯アクセス解析
  • あわせて読みたいブログパーツ

北海道新聞

無料ブログはココログ

« だんだん決まっていくシート争い | トップページ | 上村光弼氏・水野浩志氏 出版記念W講演会 感想 »

乳豚ロック

乳豚ロック 乳豚ロック
森田 一哉

小学館  2009-10-28
売り上げランキング : 591927

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

「ロック」と言えば今年「ロックンロールボス」と称される矢沢永吉が還暦を迎えた。還暦を記念して様々なロックフェスに参加したり、ライブに参加したりと還暦を感じさせない、むしろ還暦を喜ぶかのように、YAZAWAロックを邁進している。
「ロック」という言葉、そしてそれをかもす世界は言葉では言い表せない高揚感と不思議さがある。
その高揚感と不思議さに可笑しさを加えた感じがしているのが本書である。
本書はロックの聖地であるイギリスで起こる関西弁ストーリーというべきだろうか。読んでいてあまりのおかしさに、馬鹿馬鹿しくなってきてしまった。しかしその馬鹿馬鹿しさが良い意味で妙な高揚感があり、明日からがんばれるという力がある。誰しも生き方を見失うときがある。その時に馬鹿馬鹿しさの漂う本書を読んだら、その見失った苦しみが馬鹿らしくなり明るくなってしまうように思える。そんな一冊である。

著者は大阪府出身で、バンド活動を続け、40代でイギリスロンドンの生活を続けている。本書は実体験をもとに書かれた作品であるのだが、ここまで可笑しく書かれたのは実体験なのか、それとも小説用のフィクションなのか、首をかしげてしまう。

« だんだん決まっていくシート争い | トップページ | 上村光弼氏・水野浩志氏 出版記念W講演会 感想 »

書評の部屋」カテゴリの記事

書評の部屋(文芸・評論)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1019087/32302644

この記事へのトラックバック一覧です: 乳豚ロック:

« だんだん決まっていくシート争い | トップページ | 上村光弼氏・水野浩志氏 出版記念W講演会 感想 »

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

セミナー&イベント出没情報

ご意見等こちらでどうぞ

  • kuramae0712★gmail.com (注:★を@に変換してください)

Facebook

Mixiリンク

  • マイミク大歓迎。そうでない人もアカウントがあれば私のより詳しいプロフィールを見ることができます。
    mixi(ミクシィ)やってます!

ブクログ

書評ぶろぐ

著者

出版社

当ブログのレベル

人気記事ランキング