美容院・美容室・ヘアサロン・理容室・理容院向けの税理士

下のバナーのクリックをお願いします!

  • ブログランキング【くつろぐ】
  • ブログランキング・にほんブログ村へ

ビジネス書書評ブログリング

AddClips

ブックマーク

RSS登録もどうぞ

検索ワード

そのほかのバナー

  • 携帯アクセス解析
  • あわせて読みたいブログパーツ

北海道新聞

無料ブログはココログ

« シータ脳を作る 人生を成功に導く脳波の出し方 | トップページ | ゲームと犯罪と子どもたち ――ハーバード大学医学部の大規模調査より »

ウチのシステムはなぜ使えない SEとユーザの失敗学

ウチのシステムはなぜ使えない SEとユーザの失敗学 (光文社新書) ウチのシステムはなぜ使えない SEとユーザの失敗学 (光文社新書)
岡嶋 裕史

光文社  2008-03
売り上げランキング : 272518

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

私はSEであり、これまでいくつかのシステムにかかわってきた。インフラから業務系に至るまで、大小かかわらず携わってきた。とはいってもまだ1年ちょっとしかたっていないため、システムの奥深いところ、そしてシステムの大枠を決めるところというのはまだ分からない。
システムを開発するに当たり、システム側とユーザ側の軋轢というのは結構あるのだろう。その軋轢に関しては自分のところで起こった範囲内で思ったことなので一般的にはどうなのかはよく分からない。
本書はSEとユーザ間の齟齬による失敗学について書かれている。さらにSEの役割も詳しく書かれているので将来SEをはじめ、コンピュータに携わる仕事に就きたい人にはぜひ読んでもらいたい一冊である。

第一部「SEという人々」
「SE」を知らない方々はSEという職業をどのように思い浮かべるのだろう。
プログラムもシステム構築もバリバリやっている人、あらゆる(プログラム)言語を駆使し、最高のプログラムを作り、システムを構築するといういかにも花形産業のイメージが強いのかもしれない。
私も就職活動を終えるころまではそのようなイメージでしかなかった。
しかし現実SEという職業は、プログラムを書いたり、設計をするという観点では予想どおりかもしれないが、ユーザの要望を元に設計をし、指定された言語でプログラムをし、テストを行い、システムを納品をするという作業という単純な流れになる。
今までにないシステムを構築するというのは、大概リーディングカンパニーといったところがほとんどであり、実際はというと、システムのカスタマイズといったことが多い。
SEと言ってもシステム設計やプログラミングのみならず、要件定義を書くという上流工程の作業を担う人もいるため、一連の動きのほとんどを知ることができる利点もある。
システムを構築するのにもユーザ、営業、プロジェクトメンバー間の齟齬は必ずと言ってもいいほど発生するのもシステム開発現場特有と言ってもいい。

第二部「SEと仕事をするということ」
これからSEとして仕事をするにあたり、どのようなことを知らなくてはいけないのかについて、ここに全部詰まっている。
システム開発会社と言っても「メーカー系」や「ユーザ系」、「独立系」と大きく分けられる。その中でもクライアントというのははっきりと分かれているが、独立系はどこにも属さないため、メーカー系の案件やユーザ系の案件をもつこともある。
後半はシステム開発の流れとシステム開発に当たって最低限覚えるべき用語を解説している。

第三部「ユーザとSEの胸のうち」
本書では最も言いたかったところかもしれない。ユーザとSEの胸の内を同時進行の形で描いている。ユーザ側は多少システムに関する知識についてはあるのだが、システム開発をやっているわけではない。一方SEはまさにシステム開発の真っただ中にいるため、お互いの考えにも齟齬が生まれるのも当然と言えるような環境にある。しかしその差を埋めるというのがプロジェクトマネージャーの仕事であり、かつSEの仕事である。SEという仕事は案外楽ではない。

本書はSEの悩みというよりもSEとして働くにあたっての入門書というべき一冊である。SEという仕事の現実を踏まえたうえで自らがどのようなことを身につけたらいいのかという道標だと私は考える。

« シータ脳を作る 人生を成功に導く脳波の出し方 | トップページ | ゲームと犯罪と子どもたち ――ハーバード大学医学部の大規模調査より »

書評の部屋」カテゴリの記事

書評の部屋(理数系)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1019087/30252007

この記事へのトラックバック一覧です: ウチのシステムはなぜ使えない SEとユーザの失敗学:

« シータ脳を作る 人生を成功に導く脳波の出し方 | トップページ | ゲームと犯罪と子どもたち ――ハーバード大学医学部の大規模調査より »

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

セミナー&イベント出没情報

ご意見等こちらでどうぞ

  • kuramae0712★gmail.com (注:★を@に変換してください)

Facebook

Mixiリンク

  • マイミク大歓迎。そうでない人もアカウントがあれば私のより詳しいプロフィールを見ることができます。
    mixi(ミクシィ)やってます!

ブクログ

書評ぶろぐ

著者

出版社

当ブログのレベル

人気記事ランキング