美容院・美容室・ヘアサロン・理容室・理容院向けの税理士

下のバナーのクリックをお願いします!

  • ブログランキング【くつろぐ】
  • ブログランキング・にほんブログ村へ

ビジネス書書評ブログリング

AddClips

ブックマーク

RSS登録もどうぞ

検索ワード

そのほかのバナー

  • 携帯アクセス解析
  • あわせて読みたいブログパーツ

北海道新聞

無料ブログはココログ

« 化粧と人間―規格化された身体からの脱出 | トップページ | 涙の文化学―人はなぜ泣くのか »

ロビンソンくるぞ

ロビンソンくるぞ ロビンソンくるぞ
中村 葉子

ポプラ社  2006-10
売り上げランキング : 1400452

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

本書のタイトルが、ダニエル・デフォーの「ロビンソン・クルーソー」を捩ったように思えてならない。しかし本書の主人公のあだ名が「ロビンソン」というのだから本書のタイトルがこうなるのは仕方がないと思う。
本書はロビンソンと家庭教師の三郎さんとのドタバタの物語であるが、彼が住んでいる家には家で少年や少女や大人が転がり込んでの共同生活という、まさに「奇妙」な生活を描いている。
直接的な感想としてはしっかりとした意思で読まないと、本書のレトリックに引きずり込まれてしまうようであった。あたかも「文章のブラックホール」であるかのように。
三郎さんの部屋に対するネーミングセンスは光っていた、というよりもそれぞれのキャラクターを如実に出すようなネーミングであった。
不思議に思ったのはそれだけではなく、ロビンソンのみならず、てっちゃんやなっちゃんのやりとりも情緒的、精神的ながら妙な力をもっているような気がしてならない。論理とはちょっとかけ離れたものではあるが、論理では決して表すことのできない素朴さというのを感じ取ることのできるやり取りが多かった。
最後に感覚的な表現になるのかもしれないが、ロビンソンやてっちゃん、なっちゃんがことばという名の「クレヨン」でいろいろなものを描きだした。そして三郎さんや洋介さんの大人たちがそれを鉛筆や筆で1枚の絵にさせている。本書はこういった表現のできる一冊であった。

« 化粧と人間―規格化された身体からの脱出 | トップページ | 涙の文化学―人はなぜ泣くのか »

書評の部屋」カテゴリの記事

書評の部屋(文芸・評論)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1019087/29810140

この記事へのトラックバック一覧です: ロビンソンくるぞ:

« 化粧と人間―規格化された身体からの脱出 | トップページ | 涙の文化学―人はなぜ泣くのか »

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

セミナー&イベント出没情報

ご意見等こちらでどうぞ

  • kuramae0712★gmail.com (注:★を@に変換してください)

Facebook

Mixiリンク

  • マイミク大歓迎。そうでない人もアカウントがあれば私のより詳しいプロフィールを見ることができます。
    mixi(ミクシィ)やってます!

ブクログ

書評ぶろぐ

著者

出版社

当ブログのレベル

人気記事ランキング