美容院・美容室・ヘアサロン・理容室・理容院向けの税理士

下のバナーのクリックをお願いします!

  • ブログランキング【くつろぐ】
  • ブログランキング・にほんブログ村へ

ビジネス書書評ブログリング

AddClips

ブックマーク

RSS登録もどうぞ

検索ワード

そのほかのバナー

  • 携帯アクセス解析
  • あわせて読みたいブログパーツ

北海道新聞

無料ブログはココログ

« 08年度卒 社会人1年目限定同窓会 感想 | トップページ | 本質を見抜く「考え方」 »

常識崩壊

常識崩壊 常識崩壊
牛島 信

幻冬舎  2008-09
売り上げランキング : 268153

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

「食品偽装問題」「サブプライム」「ねじれ国会」など、日本の常識が崩壊していると元検事(通称、モト検、ヤメ検)の国際弁護士牛島信氏が、弁護士からの目線で今の事件や事柄について常識の欠如・崩壊を危惧しているエッセイ集であるが、本書自体は「Lexis 企業法務」や「月刊ザ・ローヤーズ」などの法律系の雑誌において連載していたものに追記をしたものである。
著者の専門はコンプライアンスや企業法務と言ったところにあるせいか、それに関連した指摘が多いように思える。そう考えてくると「食品偽装問題」やライブドアや村上ファンドと言ったところはコンプライアンスにかかわってくる。
企業法務となると最近話題となった「内部統制」や 「買収」などがある。買収と言ってもかなりの種類があり、「M&A」は一般てきで、「TOB(株式公開買付)」、「MBO(経営陣買収)」と言った用語が出てくるので結構難しい。
弁護士の視線から、巷でニュースとなった事柄、とりわけ自分の専門領域に関しての評論を行っており、今の常識に関して疑問視しているようだが、そもそも常識は誰を基準にしているのかという所から疑わなければならないそれを解き明かすのならば日垣隆氏のこの1冊をお勧めしたほうがいい。

さまざまな常識についてウソを見抜いた一冊である。上記の本も確かに法律的観点からウソを見抜く良書ではあるが、タイトルのような衝撃的な内容ではなかったのが期待外れである。日垣氏の本はそれはまず裏切らない。良書で言ったら後者の方がはるかに上であろう。

« 08年度卒 社会人1年目限定同窓会 感想 | トップページ | 本質を見抜く「考え方」 »

書評の部屋」カテゴリの記事

書評の部屋(社会科学)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1019087/28640852

この記事へのトラックバック一覧です: 常識崩壊:

« 08年度卒 社会人1年目限定同窓会 感想 | トップページ | 本質を見抜く「考え方」 »

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

セミナー&イベント出没情報

ご意見等こちらでどうぞ

  • kuramae0712★gmail.com (注:★を@に変換してください)

Facebook

Mixiリンク

  • マイミク大歓迎。そうでない人もアカウントがあれば私のより詳しいプロフィールを見ることができます。
    mixi(ミクシィ)やってます!

ブクログ

書評ぶろぐ

著者

出版社

当ブログのレベル

人気記事ランキング