美容院・美容室・ヘアサロン・理容室・理容院向けの税理士

下のバナーのクリックをお願いします!

  • ブログランキング【くつろぐ】
  • ブログランキング・にほんブログ村へ

ビジネス書書評ブログリング

AddClips

ブックマーク

RSS登録もどうぞ

検索ワード

そのほかのバナー

  • 携帯アクセス解析
  • あわせて読みたいブログパーツ

北海道新聞

無料ブログはココログ

« 圓楽 芸談 しゃれ噺 | トップページ | エリー(C)―茅ヶ崎の海が好き。 »

コスメの時代―「私遊び」の現代文化論

コスメの時代―「私遊び」の現代文化論 コスメの時代―「私遊び」の現代文化論
米澤 泉

勁草書房  2008-12-12
売り上げランキング : 267285

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

本書を読んで、ずっと前に「電車の中で化粧をする女たち」を書評したことを思い出す。確かこの時に書いたのは、「化粧とファッションについて」、「化粧はマナー違反であることの反駁を求める」ことであった。今思えばこのコスメと「遊び」、「オタク」の考察についてがほとんど書かれていなかったことに気づく。だが本書はこういったことをさらに深化して考察している1冊である。
序章「ファッションの八〇年代から化粧の現代へ」
女子というとプリクラやケータイ、インターネット、さらにファッションとしての「化粧」がある。それは80年代にはやったDC(デザイナーズ&キャラクターズ)ブランドによるファッションの個性化から、今度は化粧やプチ整形といった化粧を使っての自己表現が出てきたのが現代である。今や化粧は「サブカルチャー」や「ファッション」と同義個にとらえられるようになったと著者はいう。
第一章「少女の消滅――オリーブ少女からコギャルへ」
数年前に小学生が化粧をするというものをTVで見たことがある。それはさておき、本章ではファッションの「Olive」という雑誌から名付けられた「オリーブ少女」。前章のファッションの個性化の火付け役となったのがちょうどの時である。そこからファッションから脱し、「化粧」へのシフト、そして化粧の在り方の変化についてである。序章を少し細分化したところと言えよう。
第二章「物語の終焉――教養小説からキャラクター小説へ」
80年代には「an・an」、90年代では「JJ」と言った女性誌を中心としたファッションの物語についてである。ちなみにこの「物語」は女性のプライスはファッションとされていた80年代(「an・an」全盛期と言ったほうがいいか)にピークを迎え、90年代に入ってからは女の子の心をわしづかみにしたのはロマンティックではなく、現実路線であり、個人化主義のもとにある「キャラクター路線」に転向したと言ってもいいかもしれない。
第三章「個性神話の崩壊――コム・デ・ギャルソンからユニクロへ」
さて章題に書いてある「コム・デ・ギャルソン」とは一体何なのかという所から入らないといけない。「コム・デ・ギャルソン」は1969年にデザイナーの川久保玲が節室したブランドで80年代を中心に流行したファッションブランドである。とりわけこの年代では白や黒を基調としたものトーンで、奇抜なファッションとして人気であった。そう、80年代は奇抜なファッションが流行だった時代、章題で言う「個性神話」時代というのがこのことである。ところがこの流行も長続きせず90年代後半から「ユニクロ」が登場し瞬く間に個性神話が崩壊した。「ユニクロ」によって「カジュアル」がより重視され「個性化」というのが一気に凋落を迎えさせたと言ってもいい。
第四章「フラット化する「私」――「毒(プワゾン)」から「ヤングセクシーラブリー」へ」
章題の「フラット化」というよりもこのところでは副題が重視されている。ここでは香水についての流行が書かれている。80年代は「毒(プアゾン)」で最近では「ヤングセクシーラブリー」の時代に変遷したことである。ここで「毒」というのは「クリスチャン・ディオール」が80年代に送った新作であり、なぜ毒なのかというのは本書では「大人っぽい」であった(p.131より)。さて後者の「ヤングセクシーラブリー」だが、2006年8月に出たもので、ごく新しい。この「ヤングセクシーラブリー」とは一体何なのか、簡単にいえば「私」そのものである。つまり香水ではファッションとは違い「個性化」というのが進んでいると言ってもいい。
第五章「一億総オタク化する社会――モノ語りの人々からコスメフリークへ」
「電車の中で化粧をする女たち」では重点的に取り扱ってきた化粧の「オタク化」。これが本書日に手さらにパワーアップした形で書かれている。ついこの前までは「電車で化粧をしている女子高生を見かけることが多かった」と言ったが、今度は(私の見た限りでは)電車やバスで堂々と化粧をする中年女性も出てきた。もはや「化粧=オタク」という方程式に限りなく近づいた証拠ではなかろうか。
終章「私探しから「私遊び」へ」
80年代は個性的なファッションにより聞かざることによって「自分」を探していた。しかし今となっては化粧を行うことによって「私」をいくつものキャラクターを演じ分けることのできる「私遊び」にシフトしていった。こう演じる自分が可愛いという自画自賛、「私萌え」というのも本書に書かれているほどであるから余ほど化粧をする女性が自画自賛していることだろうか。
男性の「オタク」と言えば今となっては「美少女アニメ」と世間は言うだろう(それ以外でも「オタク」ということはある。例えば鉄道とかがそう)。しかし女性の「オタク」というと、「化粧」であろう。そう言う意味では「一億総オタク化」というのはある意味その通りかもしれない。

« 圓楽 芸談 しゃれ噺 | トップページ | エリー(C)―茅ヶ崎の海が好き。 »

書評の部屋」カテゴリの記事

書評の部屋(社会科学)」カテゴリの記事

コメント

 はじめまして・・お疲れ様です。トラックバックさせていただきました。
 2/4書き:修善寺由緒ある新井旅館から老人ホームへ出向してる最中の当時の休日・【未来部:初の少年部員会を開催!】で奮闘しました・・【サラリーマン編】 、今回も面白いアンパンマン画像を貼りました。同時に少年部員会の写真と最近の小学生の考えてる様な面白いも貼ってみました。存分に楽しんで見て下さい。  コメント等いただけたら幸いです。 遊びに寄ってやって下さいね。待ってますです。尚、自分の【学生編】当過去ブログにも、当時の写真・面白い・可愛い・画像・動画ありますので、時あれば、楽しんで見てやって下さい。 

>智太郎さん。

コメントありがとうございます。
ブログおよび面白いアンパンマン画像拝見いたしました。

アンパンマンは面白いですね。それにしても「アンパンマンお兄ちゃん」と呼ばれているとは…。
ブログは「見えない病気」と闘っている姿がひしひしと伝わるものでした。自分自身「生きている」ということを思い知らされたものでした。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1019087/27792460

この記事へのトラックバック一覧です: コスメの時代―「私遊び」の現代文化論:

« 圓楽 芸談 しゃれ噺 | トップページ | エリー(C)―茅ヶ崎の海が好き。 »

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

セミナー&イベント出没情報

ご意見等こちらでどうぞ

  • kuramae0712★gmail.com (注:★を@に変換してください)

Facebook

Mixiリンク

  • マイミク大歓迎。そうでない人もアカウントがあれば私のより詳しいプロフィールを見ることができます。
    mixi(ミクシィ)やってます!

ブクログ

書評ぶろぐ

著者

出版社

当ブログのレベル

人気記事ランキング