美容院・美容室・ヘアサロン・理容室・理容院向けの税理士

下のバナーのクリックをお願いします!

  • ブログランキング【くつろぐ】
  • ブログランキング・にほんブログ村へ

ビジネス書書評ブログリング

AddClips

ブックマーク

RSS登録もどうぞ

検索ワード

そのほかのバナー

  • 携帯アクセス解析
  • あわせて読みたいブログパーツ

北海道新聞

無料ブログはココログ

« 課長の会計力 自分とチームが結果を出すための数字の使い方 | トップページ | 忘年会 »

子米朝

子米朝 子米朝
桂 米團治

ポプラ社  2008-10
売り上げランキング : 591994

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

今年の10月に桂小米朝が五代目桂米團治を襲名した。五代目米團治の師匠はご存じ人間国宝であり、父である三代目桂米朝。米朝の師匠は四代目桂米團治、つまり米朝の師匠の名を自分が継ぐという形になったのである。当然戦後の上方落語の草分け的存在であったということから大名跡である。これから五代目米團治はそのプレッシャーと戦わなければいけなかったが、米團治が小米朝だった時代でも人間国宝を父に持つ噺家として、七光的存在であった。七光的存在であったが故に周囲の期待はほかの弟子と比べ物にならないほど大きく、それに応えるべく「おぺらくご」を開拓し、落語の稽古に尽力した。
本書ではそんな米團治の半生を描いている。米團治が父の米朝の門をたたき、そこで修業し、ときにはしくじり、落語を見出し、成長していき、そして米團治を襲名というストーリーとなっている。米團治にとっては決して平たんな道ではなかったと思えるが、本書を見た限りではつらい修行と同時に兄弟弟子や師匠、そして周りの方々の関係の温かさを見出せた。決してちやほやされることなく、だからと言って殺伐とせず、温かく・厳しい目で見守り、そしてかわいがられたからでこそ今ここに「五代目桂米團治」がいる。父の七光の重圧のあとの、大名跡の重圧が待っている。それを乗り越えて父とは一線を画した噺家であってほしいというのが本書を読んだ後の私の思いである。

« 課長の会計力 自分とチームが結果を出すための数字の使い方 | トップページ | 忘年会 »

書評の部屋」カテゴリの記事

書評の部屋(人文)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1019087/26269793

この記事へのトラックバック一覧です: 子米朝:

« 課長の会計力 自分とチームが結果を出すための数字の使い方 | トップページ | 忘年会 »

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

セミナー&イベント出没情報

ご意見等こちらでどうぞ

  • kuramae0712★gmail.com (注:★を@に変換してください)

Facebook

Mixiリンク

  • マイミク大歓迎。そうでない人もアカウントがあれば私のより詳しいプロフィールを見ることができます。
    mixi(ミクシィ)やってます!

ブクログ

書評ぶろぐ

著者

出版社

当ブログのレベル

人気記事ランキング