美容院・美容室・ヘアサロン・理容室・理容院向けの税理士

下のバナーのクリックをお願いします!

  • ブログランキング【くつろぐ】
  • ブログランキング・にほんブログ村へ

ビジネス書書評ブログリング

AddClips

ブックマーク

RSS登録もどうぞ

検索ワード

そのほかのバナー

  • 携帯アクセス解析
  • あわせて読みたいブログパーツ

北海道新聞

無料ブログはココログ

« 闘う書評 | トップページ | 反骨のコツ »

官僚との死闘七〇〇日

官僚との死闘七〇〇日 官僚との死闘七〇〇日
長谷川 幸洋

講談社  2008-07-31
売り上げランキング : 162345

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

本書は小泉政権末期から安倍政権下での財務省の戦いを綴ったルポルタージュである。本書も著者自身は「戦場ルポ」という気持ちで書いた(P.1より)ように活字から財務省の既得権益を守る者たちと、それに対して懸命に闘う者たちの駆け引きが見えてくる。主人公の一人には現在東洋大学の教授である高橋洋一氏は後者にあたる。
本書の構成は以下の通りである
はじめに
第一章「安倍政権の極秘チーム」
第二章「官邸Vs.財務省」
第三章「大型補正の密謀」
第四章「人か、政策か」
第五章「公務員制度改革始動」
第六章「倒幕運動」
第七章「永田町が液状化する」
第八章「崩壊する「大蔵王朝」」
おわりに
安倍政権下での財政改革、そして渡辺行革担当大臣の公務員制度改革などが挙げられる。しかし財務官僚の反発は予想以上に強く、題目に書いてあるとおり700日の間ほとんどが既得権益を守る人たちの戦いであったことには間違いない。そこには、変革を求めずそのままで生きたい、そして既得権益を維持する勢力がうごめいている。これは政治にも国民生活にも同じことが言えるのではないだろうか。さらに考えると日本人の特性のひとつであるようにも思えてならない。

« 闘う書評 | トップページ | 反骨のコツ »

書評の部屋」カテゴリの記事

書評の部屋(社会科学)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1019087/25746516

この記事へのトラックバック一覧です: 官僚との死闘七〇〇日:

« 闘う書評 | トップページ | 反骨のコツ »

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

セミナー&イベント出没情報

ご意見等こちらでどうぞ

  • kuramae0712★gmail.com (注:★を@に変換してください)

Facebook

Mixiリンク

  • マイミク大歓迎。そうでない人もアカウントがあれば私のより詳しいプロフィールを見ることができます。
    mixi(ミクシィ)やってます!

ブクログ

書評ぶろぐ

著者

出版社

当ブログのレベル

人気記事ランキング