美容院・美容室・ヘアサロン・理容室・理容院向けの税理士

下のバナーのクリックをお願いします!

  • ブログランキング【くつろぐ】
  • ブログランキング・にほんブログ村へ

ビジネス書書評ブログリング

AddClips

ブックマーク

RSS登録もどうぞ

検索ワード

そのほかのバナー

  • 携帯アクセス解析
  • あわせて読みたいブログパーツ

北海道新聞

無料ブログはココログ

« 戦前・戦後の本当のことを教えていただけますか | トップページ | なんとなく、日本人―世界に通用する強さの秘密 »

なぜ日本の政治経済は混迷するのか

なぜ日本の政治経済は混迷するのか なぜ日本の政治経済は混迷するのか
小島 祥一

岩波書店  2007-01-31
売り上げランキング : 382843

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

日本の経済はアメリカのサブプライムローンの焦げ付き問題のあおりを受けたせいで景気は減速し、日経平均も8,000円台前半まで落ちてしまった。しかし今回の経済減速の原因はアメリカにあるので日本はそういったアメリカの道連れからの脱却を考えることも大切なのかもしれない。
しかし本書でも挙げられているとおり「失われた10年」は日本がこの経済政策を迅速に行っておらずむしろ放置してしまった結果によるものである。特に2000年代に入った時にはそれが如実に表れ、小泉政権の初期にはブッシュ大統領に早急な経済政策を行うようにという圧力を掛けられていた。手は打ったのか打たなかったのかはわからないが、「失われた10年」が去り、ようやく景気が回復したのは2003年後半になってからのことである。ただし景気は伸びても「実感無き好景気」だったことは忘れてはならない。日本が1854年にペリーが浦賀沖にやってきたときに表れ、悪しき伝統となった政府の「事なかれ主義」が招いた結果であろう。
それを起こしてしまった政府の責任は当然思い。ではその責任をどのように報いるとかというと、私は今の景気対策を迅速に手を打ち「日もまた昇る」が如く景気回復を行ってから解散をするのが先決であると思う。それこそ日本政府が起こした贖罪となるだろう。
最後に余談であるが本日の深夜の「朝まで生テレビ!」において当ブログでいくつか書評を取り上げた勝間和代氏が出演される。勝間氏のほかにもそうそうたる顔ぶれであるのでぜひ頑張ってほしい。

« 戦前・戦後の本当のことを教えていただけますか | トップページ | なんとなく、日本人―世界に通用する強さの秘密 »

書評の部屋」カテゴリの記事

書評の部屋(社会科学)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1019087/24705930

この記事へのトラックバック一覧です: なぜ日本の政治経済は混迷するのか:

« 戦前・戦後の本当のことを教えていただけますか | トップページ | なんとなく、日本人―世界に通用する強さの秘密 »

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

セミナー&イベント出没情報

ご意見等こちらでどうぞ

  • kuramae0712★gmail.com (注:★を@に変換してください)

Facebook

Mixiリンク

  • マイミク大歓迎。そうでない人もアカウントがあれば私のより詳しいプロフィールを見ることができます。
    mixi(ミクシィ)やってます!

ブクログ

書評ぶろぐ

著者

出版社

当ブログのレベル

人気記事ランキング