美容院・美容室・ヘアサロン・理容室・理容院向けの税理士

下のバナーのクリックをお願いします!

  • ブログランキング【くつろぐ】
  • ブログランキング・にほんブログ村へ

ビジネス書書評ブログリング

AddClips

ブックマーク

RSS登録もどうぞ

検索ワード

そのほかのバナー

  • 携帯アクセス解析
  • あわせて読みたいブログパーツ

北海道新聞

無料ブログはココログ

« 失敗学実践講義 だから失敗は繰り返される | トップページ | 情報社会論―超効率主義社会の構図 »

読書進化論~人はウェブで変わるのか。本はウェブに負けたのか~

読書進化論‾人はウェブで変わるのか。本はウェブに負けたのか‾ (小学館101新書) 読書進化論‾人はウェブで変わるのか。本はウェブに負けたのか‾ (小学館101新書)
勝間 和代

小学館  2008-10-01
売り上げランキング : 71474

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

本書は私などの多読家(ちなみに私は「乱読家」)のための1冊である。
読書術というよりは読書を通じて何を為すべきかというのを勝間氏自身の体験談をもとにして書かれている。
序章「成功や自由は読書で手に入れる」
「読書による人生の疑似体験」により人は経験を手にいれ、成功した人が数多くいるという。実際に著者もその一人である。私自身は他毒を行ってまだ1年2カ月しかやっていないがそれでも着実に実感しつつある。そして成功本やビジネス本が売れる理由もここにあるのではないだろうか。
著者は小学校の頃に漫画が愛読書だったそうだが、私も実はそうである(今も昔も)。
第1章「人を進化させる読書がある」
ウェブの進化により「活字離れ」や「テレビ離れ」というのが叫ばれている。しかし見ている限り私のような書評ブログが多いように思える。実際全体的にみるに活字離れというのは実は嘘ではないかと私は思う(但し「語彙離れ」は否定できない)。しかしウェブを通じて本に興味を持った人も中に入る。そう考えると副題の答えというのは前者ではなかろうか(第2・3章でも同じことが言える)。
第2章「進化している「読む」技術」
読む技術というとフォトリーディングをはじめとした速読などの読書法がある。実は私自身も即読書を読んだことがある。この本である。

本がいままでの10倍速く読める法 (知的生きかた文庫)

著者:栗田 昌裕

本がいままでの10倍速く読める法 (知的生きかた文庫)

私が最初に読んだ速読本である。確か大学1年生の時で、その時はこれからレポート課題やゼミの論文などで本を読む機会が非常に多くなるので速読本をいざ実践しようと思った。
しかしできなかった。
思ったほど読書量が伸びなかった。
そんなことで読書も滞るようになり、大学3年生の春休みの時。ちょうど就職活動中の時期である。その時は短くても30分、長いと約50分もの間電車に揺られる毎日になる。それが何日も続くとやることもなくなり、「何かやりたい」という気持ちに駆られる。その時にやろうと一念発起したのが「読書」である。まずこれを読んだ。

ジャンヌ・ダルク―歴史を生き続ける「聖女」 (岩波新書)

著者:高山 一彦

ジャンヌ・ダルク―歴史を生き続ける「聖女」 (岩波新書)

少し早めに読んだら、頭にぽんぽんと入ってくるような感じがした。ジャンヌダルクというのは名前だけしか知らなかったのでそれに関する知識というものが手に入ったようであった。そこから読書の喜びを覚え、自分なりの速読法で数多くの本を読むことができた。
第3章「「書く」人も進化する」
それから知識を得るのはいいがだんだん忘れて言っている自分に気づいた。多読はしたのだがそれを形として残さなければ意味がない。ということで以前から開いていたブログに書評を入れることにした。形式は自分自身の感想、ただそれだけである。人が読みたい文章とかそれについてはやり始めた当時も今も全く変わっていない。自分がこうだと思ったことを書いているだけである。それでもっと読めるようにと言われても、私は変える気がない。やり方は自分のやり方を通すつもりである。実際にちょっと堅苦しいように思えるかもしれないが、自分自身の言葉で書いたらたまたまこうなったのでむしろそれでいいと私は思う。しかし文章力は上がっているとは言えないものの興味を持った本、そして関連付けられる本に出会うたびにあれこれ書きたくなってしまう。読む量が増えるにつれて閣僚も増えて言ったことが実感してきた。今のブログではもうかなり長く書いているように思える。昔は原稿用紙1枚で満足だったのがうそのようであった。

第4章「「売る」仕組みを進化させる」
書評の話というよりもむしろ自分のことについての話に言ってしまったため本章で書評に戻る。売る仕組みというと私自身もリアル書店に足を運ぶが、売れそうな商品や、有名な著者の新刊というのは多くは目立つように置かれている。それこそ山積みでこれがイチオシですよと言わんばかりに。
私は売れている本(もしくは過去にかなり売れた本)はたまに読むが、大概は酷評で終わる。むしろ自分自身で、少し立ち読みをして、これは面白いと思った本を手にとって交通機関の中、もしくは休憩中に本を読んで書評をするという形をとっているため、むしろ売れているものに迎合しない。とはいえ「書評の塊」という書評がまとめてあるブログに何度か載る機会があった(管理者様にこの場を借りて御礼を申し上げます)。
話を戻す。売る仕組みというのは絶えず変化しているが、確かに書評を見てリアル書店に行ったりamazonで購入したりする人は増えている。そう考えるとまだまだ日本における活字文化というのは廃れることはない。むしろ進化していっているように思える。

終章「これから「読みたい」「書きたい」「売りたい」と思っている皆さんへ」
私自身これからも書評は続けていくつもりだが、仕事柄続けられなくなる時もあるかもしれない。とはいえ、せっかく読書を通じて多くの縁、多くの知識、多くの好奇心をつかんできたのだからこの期に及んでやめたと言えるわけがない。当然読書・書評は続けていく所存である。とはいえsmoothさん小飼さんのようにアルファブロガーになる気も毛頭ない。自分のブログを通していくだけである。これからと思っているよりもむしろ私は「これからも」である。そして本書の最後のことば(p.232より)。


「本は、あなたの人生を豊かにし、あなたを進化させていきます。」


その本の中で何を得、何を学ぶのかということはあまり考えない私だが、本の中でどんな旅をして何を得たのかという旅で在りたい。その中でこそ進化があるのだから。

« 失敗学実践講義 だから失敗は繰り返される | トップページ | 情報社会論―超効率主義社会の構図 »

書評の部屋」カテゴリの記事

書評の部屋(ビジネス)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1019087/24185757

この記事へのトラックバック一覧です: 読書進化論~人はウェブで変わるのか。本はウェブに負けたのか~:

» 「読書進化論 人はウェブで変わるのか。本はウェブに負けたのか」勝間和代 [サクサク読書日記]
読書進化論~人はウェブで変わるのか。本はウェブに負けたのか~ (小学館101新書 [続きを読む]

» 【進化を促す1冊】読書進化論 勝間 和代 [フォトリーディング@Luckyになる読書道]
この秋の勝間本の最後の1冊、それが「読書進化論」。 副題は「人はウェブで変わるのか。本はウェブに負けたのか」 と付けられており、これまでウェブの活用方法を多く説いて きた勝間さんならではの「読書論」が展開されています。 読書進化論 人はウェブで変わるのか。本..... [続きを読む]

» 勝間和代『読書進化論』 [itchy1976の日記]
読書進化論?人はウェブで変わるのか。本はウェブに負けたのか? (小学館101新書)勝間 和代小学館このアイテムの詳細を見る 今回は、勝間和代『読書進化論』を紹介します。Webを意識した「読み手」「書き手」「売り手」それぞれの本との付き合い方について述べられています。全体的に新たな示唆が得られる本ではないとおもいます。読書術ということであればM・J・アドラー、C・V・ドーレン『本を読む本』、本田直之『レバレッジ・リーディング』、齋藤孝『読書力』などが本書よりも参考になると思う。 ○本書の内容(We... [続きを読む]

« 失敗学実践講義 だから失敗は繰り返される | トップページ | 情報社会論―超効率主義社会の構図 »

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

セミナー&イベント出没情報

ご意見等こちらでどうぞ

  • kuramae0712★gmail.com (注:★を@に変換してください)

Facebook

Mixiリンク

  • マイミク大歓迎。そうでない人もアカウントがあれば私のより詳しいプロフィールを見ることができます。
    mixi(ミクシィ)やってます!

ブクログ

書評ぶろぐ

著者

出版社

当ブログのレベル

人気記事ランキング