美容院・美容室・ヘアサロン・理容室・理容院向けの税理士

下のバナーのクリックをお願いします!

  • ブログランキング【くつろぐ】
  • ブログランキング・にほんブログ村へ

ビジネス書書評ブログリング

AddClips

ブックマーク

RSS登録もどうぞ

検索ワード

そのほかのバナー

  • 携帯アクセス解析
  • あわせて読みたいブログパーツ

北海道新聞

無料ブログはココログ

« 脳の力こぶ―科学と文学による新「学問のすゝめ」 | トップページ | 日本ナショナリズムの解読 »

武士道の教科書

武士道の教科書 武士道の教科書
中村 彰彦

PHP研究所  2006-11-21
売り上げランキング : 591978

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

「武士道」というと新渡戸稲造のことを思い出す。新渡戸稲造はこの武士道の英訳版をつくり世界中で武士道精神を教えた立役者である。それと同時に国際連盟の事務次長も務め、さらには台湾統治下では製糖の製造の指導を行い飛躍的に生産量を伸ばしたという。
本書はその武士道の解題的内容なのかと思ったらまず著者が会津藩第五代藩主の「松平容頌」であることからこれとは違う。本書は武士道というよりも「日新館童子訓」というものを解題するという1冊である。
これについて細かい解説をする。まず日新館についてだが享和三年(1803年)に庶民も通える子供たちのための藩校として建てられそこでは文学や礼儀作法のほかに兵学などの武道も教えられたという。その基礎的なものとなったのが「日新館童子訓」であるがこれは松平の命によってつくらせたものである。内容は全部で上下巻合わせて75話で構成されておりその中身は躾や仁徳に関してのことが書かれており童子たちの精神的なバイブルとなった。教育は半によって千差万別であるが、会津藩は教育に関して非常に熱心だったということがよくわかった。これにより武士の精神を学び「白虎隊」などのような血気盛んであり志をもった人たちができてきたきっかけとなったのではないだろうか。
新渡戸稲造の「武士道」とはまた違ったものが読めるので非常によかった。

« 脳の力こぶ―科学と文学による新「学問のすゝめ」 | トップページ | 日本ナショナリズムの解読 »

書評の部屋」カテゴリの記事

書評の部屋(人文)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1019087/24377763

この記事へのトラックバック一覧です: 武士道の教科書:

« 脳の力こぶ―科学と文学による新「学問のすゝめ」 | トップページ | 日本ナショナリズムの解読 »

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

セミナー&イベント出没情報

ご意見等こちらでどうぞ

  • kuramae0712★gmail.com (注:★を@に変換してください)

Facebook

Mixiリンク

  • マイミク大歓迎。そうでない人もアカウントがあれば私のより詳しいプロフィールを見ることができます。
    mixi(ミクシィ)やってます!

ブクログ

書評ぶろぐ

著者

出版社

当ブログのレベル

人気記事ランキング