美容院・美容室・ヘアサロン・理容室・理容院向けの税理士

下のバナーのクリックをお願いします!

  • ブログランキング【くつろぐ】
  • ブログランキング・にほんブログ村へ

ビジネス書書評ブログリング

AddClips

ブックマーク

RSS登録もどうぞ

検索ワード

そのほかのバナー

  • 携帯アクセス解析
  • あわせて読みたいブログパーツ

北海道新聞

無料ブログはココログ

« グラミン銀行を知っていますか? | トップページ | データブック貧困 »

世界の貧困問題と居住運動

世界の貧困問題と居住運動 世界の貧困問題と居住運動
ホルヘ アンソレーナ

明石書店  2007-12-26
売り上げランキング : 822833

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

貧困問題についてもいくつか取り上げられているが、今回は少し貧困の中でも居住運動に目を向けてみる。家がないという貧困も少なくない。日本でも「ネットカフェ難民」や「マック難民」というのが取り上げられているが、それと比にならないほどである。お金もなければ働く当てもない。日本のようにネットカフェやマクドナルドのファーストフード店もない。本当に外が家であり、青空のもとで生活を過ごすという人たちである。本書はそのような現状とそれらに対してどのような住宅供給をさせているのかについて迫っている。
第1・2・4章についてはいくつかの文献で紹介したものなので割愛させていただく。本書の紹介としては第3章以降がふさわしいだろう。
第3章「政府による貧困層のための居住プログラム」
政府主導で居住の供給を行っている事例を取り上げられている。おもにインドの住宅都市開発会社やスリランカの百万戸家屋プログラム、アルゼンチンの地方自治体支援する相互扶助などである。政府主導でこれほどやっており、市民もそれをよく活用していることであると思う。国際協力として貧困というのは日本でも考えるべき一つの課題といえるだろう。
第5〜7章では基本的に住宅の紹介といったところである。実際に貧困で苦しんでいる人達のための住宅提供であるところから非常に廉価でつくられている所には驚きを覚えた。
最初にもいったが貧困の中には帰る場もない人たちもいる。その人たちに最低限の衣・食・住を提供して挙げることもまた人権なのかもしれない。貧困問題は人権問題とイコールする人もいるが、私は「≒」といったところである。最低限生活できなければ最低限の生活が担保されないことによる人権侵害になる。しかし貧困の定義は非常にあいまいであり、「心の貧困」というものもある。これは主に富裕層らが占めているが、これは人権問題かというとそうではない。そのことからひとくくりに「貧困=人権」というのはある意味危険な理論になりかねない。余談ではあるがこれだけは付け加えておく。

« グラミン銀行を知っていますか? | トップページ | データブック貧困 »

書評の部屋」カテゴリの記事

書評の部屋(社会科学)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1019087/24531349

この記事へのトラックバック一覧です: 世界の貧困問題と居住運動:

« グラミン銀行を知っていますか? | トップページ | データブック貧困 »

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

セミナー&イベント出没情報

ご意見等こちらでどうぞ

  • kuramae0712★gmail.com (注:★を@に変換してください)

Facebook

Mixiリンク

  • マイミク大歓迎。そうでない人もアカウントがあれば私のより詳しいプロフィールを見ることができます。
    mixi(ミクシィ)やってます!

ブクログ

書評ぶろぐ

著者

出版社

当ブログのレベル

人気記事ランキング