美容院・美容室・ヘアサロン・理容室・理容院向けの税理士

下のバナーのクリックをお願いします!

  • ブログランキング【くつろぐ】
  • ブログランキング・にほんブログ村へ

ビジネス書書評ブログリング

AddClips

ブックマーク

RSS登録もどうぞ

検索ワード

そのほかのバナー

  • 携帯アクセス解析
  • あわせて読みたいブログパーツ

北海道新聞

無料ブログはココログ

« F1 中国GP ハミルトンが今季6勝目!! そしてチャンピオン争いは最終戦へ!!! | トップページ | 著作権保護期間―延長は文化を振興するか? »

言われた仕事はやるな!

言われた仕事はやるな! (朝日新書) 言われた仕事はやるな! (朝日新書)
石黒 不二代

朝日新聞出版  2008-05-13
売り上げランキング : 10389

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

「最近の若者は…」や「最近のサラリーマンは…」といった「俗流○○論」というのが非常に多くなっている。そういう意見が出ると「じゃああなたたちはどうなのよ?」と返したくなるのが私であるが。
さて本書の表題を見ると、「上司などからもらった仕事は一切手をつけるな」と一見思ってしまう。しかし表題はそのように見えて、実はチャレンジの出来る企業、「人をしかる」企業がなくなっているということを憂いて著者はこういう本を出したのであろう。
著者はアメリカでアメリカ流の企業文化を学び日本に戻り会社を興した。実際に今の日本人にはそういったチャレンジングなことを好まないと私自身は考える。実際企業に愛着を持つのは昔からあり、会社に愛着を持つことで日本の経済は戦後目覚しい成長を遂げたことは忘れてはならない。とはいえバブルが崩壊し企業のあり方に変化が生じたことは忘れてはならない事実である。しかしアメリカなどの諸外国をそのまま日本で使うということはお勧めできない。それぞれの民族性や文化というものに違いが生じている為なじまないことが多い。とはいえ企業形態やあり方がいまや変わりつつあるときにそういった国を参考にしたり、もしくは朝日山動物園のように試行錯誤を繰り返しながら作っていくというのが企業確信のひとつの手段かもしれない。そしてそれと共に会社人間でもなく、仕事人間でもない社会人になること。しかし仕事の効率や仕事への意識というのは当然高くしないといけないというのが必要となろう。そういう意味で今日ビジネス本の売り上げが伸びているというのもうなずける。「仕事はいわれてやる」のではなく「自らその仕事を取りに行く」という意気込みがほしいところである。

« F1 中国GP ハミルトンが今季6勝目!! そしてチャンピオン争いは最終戦へ!!! | トップページ | 著作権保護期間―延長は文化を振興するか? »

書評の部屋」カテゴリの記事

書評の部屋(ビジネス)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1019087/24623097

この記事へのトラックバック一覧です: 言われた仕事はやるな!:

« F1 中国GP ハミルトンが今季6勝目!! そしてチャンピオン争いは最終戦へ!!! | トップページ | 著作権保護期間―延長は文化を振興するか? »

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

セミナー&イベント出没情報

ご意見等こちらでどうぞ

  • kuramae0712★gmail.com (注:★を@に変換してください)

Facebook

Mixiリンク

  • マイミク大歓迎。そうでない人もアカウントがあれば私のより詳しいプロフィールを見ることができます。
    mixi(ミクシィ)やってます!

ブクログ

書評ぶろぐ

著者

出版社

当ブログのレベル

人気記事ランキング