美容院・美容室・ヘアサロン・理容室・理容院向けの税理士

下のバナーのクリックをお願いします!

  • ブログランキング【くつろぐ】
  • ブログランキング・にほんブログ村へ

ビジネス書書評ブログリング

AddClips

ブックマーク

RSS登録もどうぞ

検索ワード

そのほかのバナー

  • 携帯アクセス解析
  • あわせて読みたいブログパーツ

北海道新聞

無料ブログはココログ

« 欲ばり過ぎるニッポンの教育 | トップページ | 出版記念講演会&パーティーの感想 »

姜尚中の青春読書ノート

姜尚中の青春読書ノート (朝日新書) 姜尚中の青春読書ノート (朝日新書)
姜 尚中

朝日新聞出版  2008-04-11
売り上げランキング : 25451

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

東京大学大学院教授で政治学者の姜尚中が熊本の野球少年だったときからずっと数多くの書物を読んでいた。本書では夏目漱石やボードレール、丸山眞男、マックス・ウェーバーの作品をピックアップして姜尚中自身の半生を綴っている一冊である。
とりわけ私が衝撃を受けたのはボードレールの「悪の華」についてである。
「愚癡(ぐち)、過失、罪業、吝嗇(りんしょく:「ケチ」ということ)は
 われらの精藭(こころ)を占領し、肉體(にくみ)を苦しめ、
 乞食どもが 虱(しらみ)や螕(だに)を飼ふごとく、
 われらは 愛しき悔恨に餌食を興ふ(p.65より)」
すなわち人間における負の所業や感情は心の中を侵食し、それにより人間としての事前の心を失い、過ちを犯すだろうとボードレールは言っていると私自身はこう解釈する。そう考えると人間の業の深さ、「負」の感情を抱くことのリスクと言うのがよくわかる。
さらにもう一つ
「これぞ倦怠。――眼に思はずも涙を湛へ
 長き烟管(きせる)を燻(くゆ)らせて 断頭壷の夢を見る。
 読者よ、君はこれを知る、この微妙なる怪物を、
 ――偽善の読者、――わが同類、――わが兄弟よ(p.67より)」
倦怠は「微妙なる怪物」とボードレールは定義している。倦怠こそ人としての成長を阻害し、退化に導く。これは人が気付かない間に進行することで「微妙なる怪物」と言う定義がなされたのではないかと推測できる。著者はこの「悪の華」は17歳の時に読まれ、人生の中で最も印象に残った1冊となった。本書を通じて私自身も「悪の華」を読んでみたいという気持ちになった。そして姜氏は読書を通じて政治学者としての道を志し、そして独自の政治スタンスを築いて言ったことであろう。
本(書物、文献)はその人の見識を広め、人生そのものを変える効果をはらんでいる。私は昨年から趣味として読書をはじめ、それをアウトプットするために書評を始めた。ちなみに書評や読書を行うにあたりジャンルを決めていない。ジャンルによって得るものや面白さが違う。私はそれを楽しみたいからである。今年だけでもすでに確認できるだけで600冊以上の本を読んだが、その中で本当にためになったもの、内容が非常にチープで読む気になれなかったもの様々である。当然その中でも自分の考えをがらりと変えたものもある。読書を行うことによってそういう効果もある。自分自身そういうことから(政治や経済的な)スタンスをもしかしたら180度変えることもあり得る。
さらに私自身読書とは「一種の旅」と考えている。目標は当然設定されていない。旅を通じて得られるものは私にはわからない。わからないからでこそ読書と言うのは面白いと自分自身読書を通じて思った。そして姜氏もおそらくそうであったのかもしれない。

« 欲ばり過ぎるニッポンの教育 | トップページ | 出版記念講演会&パーティーの感想 »

書評の部屋」カテゴリの記事

書評の部屋(人文)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1019087/24756059

この記事へのトラックバック一覧です: 姜尚中の青春読書ノート:

» 読書メモ『姜尚中の青春読書ノート』 [自由の森学園図書館の本棚]
姜尚中『姜尚中の青春読書ノート』は、姜尚中が出会い、大きな影響を受けた「三四郎」(夏目漱石)、「悪の華」(ボードレール)、「韓国からの通信」(T・K生)、「日本の思想」(丸山真男)、「プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神」(マックス・ウェーバー)といった作品の紹介。面白い。紹介されている本を、読んでみたくなりました。1つも読んだことがないなぁ・・・(姜尚中は、カン・サンジュンと読みます・・)... [続きを読む]

» 読書メモ『姜尚中の青春読書ノート』 [自由の森学園図書館の本棚]
姜尚中『姜尚中の青春読書ノート』は、姜尚中が出会い、大きな影響を受けた「三四郎」(夏目漱石)、「悪の華」(ボードレール)、「韓国からの通信」(T・K生)、「日本の思想」(丸山真男)、「プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神」(マックス・ウェーバー)といった作品の紹介。面白い。紹介されている本を、読んでみたくなりました。1つも読んだことがないなぁ・・・(姜尚中は、カン・サンジュンと読みます・・) 姜尚中と言う人の本を他にもいろいろ読んでいるけど、面白いです。リベラルというかなんというか。なん... [続きを読む]

« 欲ばり過ぎるニッポンの教育 | トップページ | 出版記念講演会&パーティーの感想 »

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

セミナー&イベント出没情報

ご意見等こちらでどうぞ

  • kuramae0712★gmail.com (注:★を@に変換してください)

Facebook

Mixiリンク

  • マイミク大歓迎。そうでない人もアカウントがあれば私のより詳しいプロフィールを見ることができます。
    mixi(ミクシィ)やってます!

ブクログ

書評ぶろぐ

著者

出版社

当ブログのレベル

人気記事ランキング