美容院・美容室・ヘアサロン・理容室・理容院向けの税理士

下のバナーのクリックをお願いします!

  • ブログランキング【くつろぐ】
  • ブログランキング・にほんブログ村へ

ビジネス書書評ブログリング

AddClips

ブックマーク

RSS登録もどうぞ

検索ワード

そのほかのバナー

  • 携帯アクセス解析
  • あわせて読みたいブログパーツ

北海道新聞

無料ブログはココログ

« 読書進化論~ちょっと言い忘れてしまった~ | トップページ | 暴かれた[闇の支配者]の正体 »

ナンバー2が会社をダメにする

ナンバー2が会社をダメにする (PHP新書 547) ナンバー2が会社をダメにする (PHP新書 547)
岡本 浩一

PHP研究所  2008-09-13
売り上げランキング : 270767

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ナンバー2という役割について何なのかという所から見ていかないといけない。ナンバー1というと当然社長や会長やCEOといった元締め的存在であるため、それに従いながら現場において管理的な役割を持つのがナンバー2ではないだろうか。
さて第1章では企業不祥事についての意思決定能力と企業風土の在り方そして懐疑の姿について書かれている。第2章はホロコーストを例にとった権威主義の暴走、第3章は職場の権威主義、第4・5章は「組織風土」「属人風土」に関してである。
ナンバー2も例外なく権威の中枢にいるためそれにおぼれる人も少なくない。それについては「組織行動論の実学」でも書いているがいったん権威に酔いしれてしまうと自分を見失ってしまう、さらには急激な凋落の一途をたどる転換点となりかねない。そして左翼思想に入ってしまうという傾向がある。これは本書で初めて知ったがこれは非常に強く共感できる。現在の日本のメディアというのは国交相を辞任した中山氏の「日教組」発言をあげつらって非難をしている。もっと言うと森元首相の「神の国発言」に関しても非難をする。要するに「言葉狩り」の現象が起こっている。当然メディアも政治の取材なども幹部の軋轢もあるように思えてならない。もっと言うとCM等の広告料のためにスポンサー寄りの発言なども目立つようになっている。実際TVも権威の温床になっているということは事実として挙げられる。
「属人主義」の問題点についても明らかにしている。権威の範囲が広ければ広いほど下の労働者に対する扱いなどの管理体制が杜撰になりやすい。ではそれをどのようにして防止していくのかという考えが出てくる。それによって1回不祥事が起これば犯人捜し、責任転嫁。交渉事には何事にも「イエス」で終わらせるといったデメリットがあげられる。
ではナンバー2として何を為すべきかというと「本を読み、自己鍛錬に臨むということが大切である」と著者は主張している。何事にもよく勉学を重ね、独自の意見・見解を持ちビジョンを明確にする。読書においてもベストセラーなどの本よりも一つの専門分野よりも、まんべんなく本を読むことを著者は進めている。確かに今の経営者は多読を実践している。それによって自分の価値観を見出すことによって権威主義の甘い罠から脱却をすることができるという。

« 読書進化論~ちょっと言い忘れてしまった~ | トップページ | 暴かれた[闇の支配者]の正体 »

書評の部屋」カテゴリの記事

書評の部屋(ビジネス)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1019087/24218660

この記事へのトラックバック一覧です: ナンバー2が会社をダメにする:

« 読書進化論~ちょっと言い忘れてしまった~ | トップページ | 暴かれた[闇の支配者]の正体 »

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

セミナー&イベント出没情報

ご意見等こちらでどうぞ

  • kuramae0712★gmail.com (注:★を@に変換してください)

Facebook

Mixiリンク

  • マイミク大歓迎。そうでない人もアカウントがあれば私のより詳しいプロフィールを見ることができます。
    mixi(ミクシィ)やってます!

ブクログ

書評ぶろぐ

著者

出版社

当ブログのレベル

人気記事ランキング