美容院・美容室・ヘアサロン・理容室・理容院向けの税理士

下のバナーのクリックをお願いします!

  • ブログランキング【くつろぐ】
  • ブログランキング・にほんブログ村へ

ビジネス書書評ブログリング

AddClips

ブックマーク

RSS登録もどうぞ

検索ワード

そのほかのバナー

  • 携帯アクセス解析
  • あわせて読みたいブログパーツ

北海道新聞

無料ブログはココログ

« 反空爆の思想 | トップページ | クール・ジャパン 世界が買いたがる日本 »

部下を好きになってください

部下を好きになってください 部下を好きになってください
内永 ゆか子

勁草書房  2007-01-30
売り上げランキング : 124865

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

本書は著者がIBMの執行役員自身であるがその方の自叙伝を交えながら部下の付き合い方について書かれている。
まず目についたのが第2章の部分。著者が小学校の時である。学校の先生に日本の国旗につて質問したところ答えてくれなかったというエピソードであるが、エジソンを思い浮かぶような感じである。エジソンは小さいころからいろいろなことに「なんで?」「どうして?」という質問をすることが非常に多かった。小学校時代もそれが変わらず先生から親に「この子はバカです」と言われ、小学校を退学したという話もある。ずっと質問ばかりしたことが要因かどうかわからないがそれによって天才発明家としての人生を歩んだという。そう考えると物事の本質を見たいという好奇心こそが自分の成長する糧ではないだろうかと。それによって著者がここまで昇進できた最大の要因ではなかろうか。そして昨今の日本の教育事情もそれがないように思える。まして「詰め込み教育」も良さはあるが「なぜ」という問いを自由に答えたり、討論においての交渉・ディベート力の欠如も招くという負の側面もある。「なぜ」という問いを持たせる、そしてこたえられるような教育があればいいと考えるが、それこそ寺脇研が文科省官僚時代に提唱した「ゆとり教育」の本質ではなかろうか。
第4章には決断力、そして度胸の強さを感じた。今の社会は女性登用が多いと言われている。そう考えると今の社会は男性だからといって優位になるわけでもなく、女性だからといって昇進できない。男性でも女性でも平等にチャンスがある。度胸、決断力、リーダーシップなど様々な要素が入り混じってはじめて頭角を現すことができる(「総合力」と言ってしまったらそれでおしまいだが…)。そして表題の「部下を好きになってください」が第5章で出てくる。
女性のキャリアアップでの指南書としては良書ではあるが、「部下を好きになってください」ということなので、部下とのコミュニケーションの話にもっとページを割いてほしかったように思えてならなかった。

« 反空爆の思想 | トップページ | クール・ジャパン 世界が買いたがる日本 »

書評の部屋」カテゴリの記事

書評の部屋(ビジネス)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1019087/23393092

この記事へのトラックバック一覧です: 部下を好きになってください:

« 反空爆の思想 | トップページ | クール・ジャパン 世界が買いたがる日本 »

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

セミナー&イベント出没情報

ご意見等こちらでどうぞ

  • kuramae0712★gmail.com (注:★を@に変換してください)

Facebook

Mixiリンク

  • マイミク大歓迎。そうでない人もアカウントがあれば私のより詳しいプロフィールを見ることができます。
    mixi(ミクシィ)やってます!

ブクログ

書評ぶろぐ

著者

出版社

当ブログのレベル

人気記事ランキング