美容院・美容室・ヘアサロン・理容室・理容院向けの税理士

下のバナーのクリックをお願いします!

  • ブログランキング【くつろぐ】
  • ブログランキング・にほんブログ村へ

ビジネス書書評ブログリング

AddClips

ブックマーク

RSS登録もどうぞ

検索ワード

そのほかのバナー

  • 携帯アクセス解析
  • あわせて読みたいブログパーツ

北海道新聞

無料ブログはココログ

« 日本の値打ち | トップページ | 軍隊のない国家 »

強い会社をつくりなさい

強い会社をつくりなさい 強い会社をつくりなさい
小山 昇

阪急コミュニケーションズ  2006-06-13
売り上げランキング : 241690

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

本書は30年の間にわずか3回しか減益をしていないという中小企業経営のカリスマである武蔵野社長の小山昇氏が「強い会社とは何なのか」、「強い会社にするには」を自らの経験をもとにして説いた指南書である。
ここで疑問に思ったのが「強い会社とは何なのか」である。「高い利益率を上げる会社」なのか、「つぶれずに長く存続できる会社」なのか、著者の会社のように「長い間利益を伸ばし続けられる会社」なのか。おそらく見ている本書を見ている限りでは最後の所が強い会社なのだろう。
さてその強い会社にするためにはどうすればいいのか。本書では働く意義から始まり、仕事の心得、時間の心得、コミュニケーションの心得、組織の心得、お金の心得、自己啓発の心得、教育の心得、非常識の心得に分かれている。本書を読んでみると形式ばったものが1つも載っていない。会社のやり方ひとつひとつに「心」が込められているようだった。それが力となり今日まで成長し続けた証なのかと思った。
そう考えると、多くの企業ではもうやめたほうがいいのではというようなことがいくつもある。しかし「伝統だがら」や「いつもやっている」という理由で片付けるのは非常にもったいない。経営者をはじめ企業の中枢にいる人たちこそ本書を読み、もう一回会社の中身を見直すことが日本企業の躍進、ひいては日本経済の底上げの一つの起爆剤になるのではと私は思う。

« 日本の値打ち | トップページ | 軍隊のない国家 »

書評の部屋」カテゴリの記事

書評の部屋(ビジネス)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1019087/23651122

この記事へのトラックバック一覧です: 強い会社をつくりなさい:

« 日本の値打ち | トップページ | 軍隊のない国家 »

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

セミナー&イベント出没情報

ご意見等こちらでどうぞ

  • kuramae0712★gmail.com (注:★を@に変換してください)

Facebook

Mixiリンク

  • マイミク大歓迎。そうでない人もアカウントがあれば私のより詳しいプロフィールを見ることができます。
    mixi(ミクシィ)やってます!

ブクログ

書評ぶろぐ

著者

出版社

当ブログのレベル

人気記事ランキング