美容院・美容室・ヘアサロン・理容室・理容院向けの税理士

下のバナーのクリックをお願いします!

  • ブログランキング【くつろぐ】
  • ブログランキング・にほんブログ村へ

ビジネス書書評ブログリング

AddClips

ブックマーク

RSS登録もどうぞ

検索ワード

そのほかのバナー

  • 携帯アクセス解析
  • あわせて読みたいブログパーツ

北海道新聞

無料ブログはココログ

« 逆臣 青木幹雄 | トップページ | F1 シンガポールGP PP予想 »

サラダボウル化した日本

サラダボウル化した日本   Welcome or Reject (光文社ペーパーバックス) サラダボウル化した日本   Welcome or Reject (光文社ペーパーバックス)
若林 亜紀

光文社  2007-09-22
売り上げランキング : 590542

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

近頃日本で働く、そして学ぶ外国人が増えている。いったいなぜこのような現象になったのだろうか。実際に日本人の給料の良さ、そして治安の良さ、さらに何よりも働く場を求めているところではなかろうか。しかし日本にも日本の事情があり、少子高齢化に伴い労働人口が減少しているのも確かな話である。さらにいえば医者の人材不足など様々な業界で人材不足というのが起こっていることも要因に挙げられる。
第2章では気になる文言があった。
「インド企業でも、SEは1日13〜14時間働く忙しさ得あるが、豊かさを求め、インド人は誇りを持って激務に勤しむという。まるで、一昔前の日本を見ているようだ」
これは非常に考えさせられる。というのは今の日本は物的に豊かになっている。豊かになるからでこそ今日のような成功本やビジネス本が乱発している現象があるのではないだろうか。しかしそれがあるという背景には「心の豊かさ」を求めるという風潮ではなかろうか。一方インドや中国は急激に経済成長を遂げている(最近減退しはじめた)が、まだまだモノの豊かさにかけているところがあるため豊かさを求めて海外で働くという。
おそらくこれから日本で働く外国人労働者の数は増え続けることだろう。しかし何人かの論客はそういったことを排除せよという意見もあるが、日本人だけで今の労働状況を維持するのは非常に難しい。むしろ不可能かもしれない。ではどうしたらいいのかというと外国人労働者を受け入れられやすい環境をつくるということしかない。それをやるためには厚労省や経済産業省、そして企業側の努力が必要であるが、はたして打つ手というのはあるのだろうかという疑問さえ出てくる。しかし悩んでばかりはいられない。ただただ模索するのみである。

« 逆臣 青木幹雄 | トップページ | F1 シンガポールGP PP予想 »

書評の部屋」カテゴリの記事

書評の部屋(社会科学)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1019087/24051925

この記事へのトラックバック一覧です: サラダボウル化した日本:

« 逆臣 青木幹雄 | トップページ | F1 シンガポールGP PP予想 »

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

セミナー&イベント出没情報

ご意見等こちらでどうぞ

  • kuramae0712★gmail.com (注:★を@に変換してください)

Facebook

Mixiリンク

  • マイミク大歓迎。そうでない人もアカウントがあれば私のより詳しいプロフィールを見ることができます。
    mixi(ミクシィ)やってます!

ブクログ

書評ぶろぐ

著者

出版社

当ブログのレベル

人気記事ランキング