美容院・美容室・ヘアサロン・理容室・理容院向けの税理士

下のバナーのクリックをお願いします!

  • ブログランキング【くつろぐ】
  • ブログランキング・にほんブログ村へ

ビジネス書書評ブログリング

AddClips

ブックマーク

RSS登録もどうぞ

検索ワード

そのほかのバナー

  • 携帯アクセス解析
  • あわせて読みたいブログパーツ

北海道新聞

無料ブログはココログ

« カウンターから日本が見える | トップページ | 中国が「反日」を捨てる日 »

電車の中で化粧する女たち

電車の中で化粧する女たち―コスメフリークという「オタク」 (ベスト新書) 電車の中で化粧する女たち―コスメフリークという「オタク」 (ベスト新書)
米澤 泉

ベストセラーズ  2005-12
売り上げランキング : 239460

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

なぜ女性は化粧をするのか、それは自己表現であり趣味の範疇にあると著者は主張している。それを考えると現在の「オタク」の概念をとらえながら見てみると通底している部分は捨てきれない。自己表現を極限にまで求めている、だからでこそ電車の中でも化粧をすることに余念がないという。著者はそういった電車の中で化粧する女性のことを「コスメフリーク」と言っている。そうなると本書は単純に電車の中で化粧する女たちがいいのか悪いのかを考える本でないことは確かである。本書はどうして化粧をする女たちをはじめコスメに関してこだわりを持ち始めたのかを考察している。
全体的な感想としては、化粧に全く分からなかった(男だからしょうがないと言えばそれまでだが)私だが、女性がなぜ化粧にこだわるのか、電車の中で化粧する理由と言うのが見えてよかったと思う。そこまで理由を考察できたのであれば、なぜ声高に電車内の化粧はマナー違反ではないと主張していないのかと問い詰めたくなってしまう。ここまで理由は明示されているのに、なぜ一方的に「化粧はマナー違反です」という張り紙や主張ばかりがまかり通ってしまうのかと言う事も論証も交えながら反駁をした本がほしいとも思った。

« カウンターから日本が見える | トップページ | 中国が「反日」を捨てる日 »

書評の部屋」カテゴリの記事

書評の部屋(社会科学)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1019087/22962969

この記事へのトラックバック一覧です: 電車の中で化粧する女たち:

» 化粧行動許容に関わる公衆場面の構造解明とそれを規定する個人差要因 [化粧の学際研究論]
電車内や駅ホームで化粧を行う女性たちが話題になって久しい.否,今日では男性たちにおいてさえ,それをみることができる. なぜ,彼らは公衆場面で化粧を行うのか. 菅原は,電車内での化粧行動の特徴に「若さへのこだわり」「流行への関心の強さ」「親子関係への不満....... [続きを読む]

« カウンターから日本が見える | トップページ | 中国が「反日」を捨てる日 »

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

セミナー&イベント出没情報

ご意見等こちらでどうぞ

  • kuramae0712★gmail.com (注:★を@に変換してください)

Facebook

Mixiリンク

  • マイミク大歓迎。そうでない人もアカウントがあれば私のより詳しいプロフィールを見ることができます。
    mixi(ミクシィ)やってます!

ブクログ

書評ぶろぐ

著者

出版社

当ブログのレベル

人気記事ランキング