美容院・美容室・ヘアサロン・理容室・理容院向けの税理士

下のバナーのクリックをお願いします!

  • ブログランキング【くつろぐ】
  • ブログランキング・にほんブログ村へ

ビジネス書書評ブログリング

AddClips

ブックマーク

RSS登録もどうぞ

検索ワード

そのほかのバナー

  • 携帯アクセス解析
  • あわせて読みたいブログパーツ

北海道新聞

無料ブログはココログ

« 芸術とスキャンダルの間 | トップページ | “日本離れ”できない韓国 »

合衆国再生―大いなる希望を抱いて

合衆国再生―大いなる希望を抱いて 合衆国再生―大いなる希望を抱いて
バラク・オバマ 棚橋 志行

ダイヤモンド社  2007-12-14
売り上げランキング : 21205

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

今年11月に行われるアメリカ大統領選で初の黒人大統領を狙うバラク・オバマの自伝である。
本書の表題からしてオバマ自身の政策及び思想が盛りだくさんであった。しかしちょっと気にかかるのが本書の総扉を1枚開いた所には祖母と母への愛情が書かれていた。本書の中身もさることながらオバマの製作の構想の根幹がこの2人の女性によって支えられたものかも知れない。
印象に残ったところをピックアップしてみる。第1章では二大政党制による弊害について書かれいている。実際にアメリカの議会ははっきりとした二大政党制である。アメリカに限らずイギリスでも労働党と保守党による二大政党制である。それによって国が2分されたと批判している。実際アメリカの大統領選でも共和党対民主党となるが、その中で政策についての討論もあるし、逆にネガティブキャンペーンも行われている。二大政党制であればどっちの政権にするかという選別も簡単になる反面、上記のようなことも起るのだという。日本は他政党制であるが実質二大政党制もどきになっているとも言える。しかしアメリカとはっきり違うのは超党派による協議も最近では多く行われている。対立するところは対立しながらも、協力できるところは協力していく。しかし「談合政治」という声もあるが、実際政治というのは「妥協の産物」の如くそのように成り立つのではないだろうか。
第7章では人種問題を扱っている。ここでは「公民権運動のヒロイン」とも言われたローザ・パークスを中心に多くの人種差別問題についてオバマなりの見解について書かれていた。実際アメリカほど多くの民族と共存している国はない。しかしその中で経済的、精神的な差別を受けている人種・民族もいくつかある。オバマその格差を是正するための平等政策をマニフェストの1つとして挙げているが、それについて批判している論客も少なくない。最近ではある雑誌にて経済学的にオバマの経済政策は破滅に導くというコラムがあったほどである。実際やってみないと分からないことであるが、はたしてかつての日本にあった「1億総中流」ならぬ「アメリカ総中流化」というのをオバマは成し遂げようとするのだろうか。もしそうなれば見物である。
オバマの政治力というのは未知数であり、政策についても疑問視することもある。しかし「もしオバマが大統領になったら…」という考えも捨てきれない。11月には新しい大統領が決まる。いったいオバマ・マケインのどっちが大統領になるのか、それによってアメリカがどのように変わっていくのかも日本は注視しなければならない。

« 芸術とスキャンダルの間 | トップページ | “日本離れ”できない韓国 »

書評の部屋」カテゴリの記事

書評の部屋(社会科学)」カテゴリの記事

コメント

夢のない国になってしまいますね。
あの時代の日本のようになるなら、今のほうがよほどいいですよ。

>アメリカ在住暦2年さん。

コメントありがとうございます。

なるほどといった感じです。全員が平等になるこ
とになると確かに夢も希望も持てない。
さらに言うと日本が「1億総中流」だった時代に育った人たちが今父母となっている。そうなることにより今の教育「人類皆平等」や「かけっこで手をつないでみんなでゴール」というような風潮になってしまう。これでは人も育たず夢も無くなる。
逆に格差があったほうが当然這い上がるという力が生じる。たくさんちりばめられているチャンスをつかみながら人は成長する。

雑多になってしまいましたが、「競争がある」ということが夢を持つことができるということになるのかもしれません。

そう考えると今の「格差問題」も決して悪い問題ではありませんね。競争原理が働くわけですから。

「アメリカン・ドリーム」というのはそこから出てきているのではとも考えられます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1019087/23144065

この記事へのトラックバック一覧です: 合衆国再生―大いなる希望を抱いて:

« 芸術とスキャンダルの間 | トップページ | “日本離れ”できない韓国 »

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

セミナー&イベント出没情報

ご意見等こちらでどうぞ

  • kuramae0712★gmail.com (注:★を@に変換してください)

Facebook

Mixiリンク

  • マイミク大歓迎。そうでない人もアカウントがあれば私のより詳しいプロフィールを見ることができます。
    mixi(ミクシィ)やってます!

ブクログ

書評ぶろぐ

著者

出版社

当ブログのレベル

人気記事ランキング