美容院・美容室・ヘアサロン・理容室・理容院向けの税理士

下のバナーのクリックをお願いします!

  • ブログランキング【くつろぐ】
  • ブログランキング・にほんブログ村へ

ビジネス書書評ブログリング

AddClips

ブックマーク

RSS登録もどうぞ

検索ワード

そのほかのバナー

  • 携帯アクセス解析
  • あわせて読みたいブログパーツ

北海道新聞

無料ブログはココログ

« 論壇の戦後史 | トップページ | 芸術とスキャンダルの間 »

なぜケータイ小説は売れるのか

なぜケータイ小説は売れるのか (ソフトバンク新書) なぜケータイ小説は売れるのか (ソフトバンク新書)
本田 透

ソフトバンククリエイティブ  2008-02-16
売り上げランキング : 397125

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ケータイ小説は5年前に知ったがこれほど売れるものだとは思わなかった。当時はYoshiの「Deep Love」シリーズが大人気であり特に第1章の「アユの物語」や第2章「ホスト」を読んでいる女子をよく見ている。ちなみにこのときは国語の時間に数分だけ「読書の時間」があった。その時に何を読もうかで迷ったが。大概私は文庫か新書くらいだったのでそれには興味もわかなかった(5年たってもそんなんです)。
著者はケータイ小説が売れる理由を3つに分けて説明している(あとがきより)。
1.「私の物語」を書いてみたいという欲求
2.既存の文学などの心的な乖離
3.ネットなどインフラの整備
まず1.については時代の流れというものがあってのことであろう。ただしそれは2.でも一部言え、3.も言える。しかし「書いてみたい」ということはこれまでに機会はあったものの、これだけ身近になったことはほとんどない。それに賞をもらえなくても自分の作品を自由に書け、そのうえ公開ができ、誰でも簡単に読めるようになった。これを考えると作品の個性化が目立つようになり当人の願望がそのまま作品に表れるようになる。その欲求を満たしてくれるのがこの小説ではなかろうか。そう考えるとケータイ小説の書籍化の余波により、既成の小説は売れなくなったとも言える。それに限らず出版社が声高に「活字離れ」を叫んでいるように、新刊の総販売部数が右肩下がりになっていることも事実である。さらに1ページあたりの文字数も減少しているだけではなく、語彙も難しい表現から割と簡単に読めるようにやさしい表現になっている。このことから「語彙の不足」というのが顕著ではないのかと思う。「活字離れ」については私はまやかしであると断言するが、2.や「語彙の簡素化」による「語彙の不足」については否めないと私は思う。

« 論壇の戦後史 | トップページ | 芸術とスキャンダルの間 »

書評の部屋」カテゴリの記事

書評の部屋(社会科学)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1019087/23121420

この記事へのトラックバック一覧です: なぜケータイ小説は売れるのか:

« 論壇の戦後史 | トップページ | 芸術とスキャンダルの間 »

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

セミナー&イベント出没情報

ご意見等こちらでどうぞ

  • kuramae0712★gmail.com (注:★を@に変換してください)

Facebook

Mixiリンク

  • マイミク大歓迎。そうでない人もアカウントがあれば私のより詳しいプロフィールを見ることができます。
    mixi(ミクシィ)やってます!

ブクログ

書評ぶろぐ

著者

出版社

当ブログのレベル

人気記事ランキング