美容院・美容室・ヘアサロン・理容室・理容院向けの税理士

下のバナーのクリックをお願いします!

  • ブログランキング【くつろぐ】
  • ブログランキング・にほんブログ村へ

ビジネス書書評ブログリング

AddClips

ブックマーク

RSS登録もどうぞ

検索ワード

そのほかのバナー

  • 携帯アクセス解析
  • あわせて読みたいブログパーツ

北海道新聞

無料ブログはココログ

« 愛国者は信用できるか | トップページ | 悪魔という救い »

本と映画と「70年」を語ろう

本と映画と「70年」を語ろう (朝日新書 110)

著者:川本 三郎,鈴木 邦男

本と映画と「70年」を語ろう (朝日新書 110)

1970年といえば学生運動や三島由紀夫事件、連合赤軍によるテロ(際立っているのは「あさま山荘事件)など政治的、右翼・左翼という観点からしても激動の時代であった。その中で本や映画はどの様だったのか、本書では「合わせ鏡」を持つといわれているがまさにその通りかもしれない、かたや産経新聞に入社し、やがて首になり右翼活動に尽力し、かたや朝日新聞に入社し首になり文学・映画評論家として名を馳せた両氏の対談本である。70年代なのであまりよくわからなかったが、そんな私でも興味深かったのは「映画「靖国 YASUKUNI」上映中止問題」であった。これには多く物議をかもしたものの、私は飾らない靖国の様子をよくできたので上映すべきであったし面白かった。また鈴木氏独自の立場からの論拠についても興味深かった。

« 愛国者は信用できるか | トップページ | 悪魔という救い »

書評の部屋」カテゴリの記事

書評の部屋(人文)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1019087/22924350

この記事へのトラックバック一覧です: 本と映画と「70年」を語ろう:

« 愛国者は信用できるか | トップページ | 悪魔という救い »

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

セミナー&イベント出没情報

ご意見等こちらでどうぞ

  • kuramae0712★gmail.com (注:★を@に変換してください)

Facebook

Mixiリンク

  • マイミク大歓迎。そうでない人もアカウントがあれば私のより詳しいプロフィールを見ることができます。
    mixi(ミクシィ)やってます!

ブクログ

書評ぶろぐ

著者

出版社

当ブログのレベル

人気記事ランキング