美容院・美容室・ヘアサロン・理容室・理容院向けの税理士

下のバナーのクリックをお願いします!

  • ブログランキング【くつろぐ】
  • ブログランキング・にほんブログ村へ

ビジネス書書評ブログリング

AddClips

ブックマーク

RSS登録もどうぞ

検索ワード

そのほかのバナー

  • 携帯アクセス解析
  • あわせて読みたいブログパーツ

北海道新聞

無料ブログはココログ

« イタリア・マフィア | トップページ | 大帝没後 »

ブータンに魅せられて

ブータンに魅せられて (岩波新書) ブータンに魅せられて (岩波新書)
今枝 由郎

岩波書店  2008-03-19
売り上げランキング : 918

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

普通の国では豊かさの尺度としてGDP(国内総生産)を用いている。しかしブータンは違っていてGNH(国民総幸福)を国王が提唱し、用いている。ブータンは経済発展は著しいが、その中で降伏によって国を豊かにするという物差しに使うのは非常に珍しい、というより唯一ではなかろうか。
ブータンは日本と比べたら非常に貧しい国である。しかし心も貧しいのかといわれるとそうではない。おそらくブータンの人々のほうが豊かかもしれない、私自身はブータンに直に触れたことはないのでわからないが。しかしブータンは心が豊かな国でも当然のごとく問題を抱えている。その一つとして南ブータン移民問題があげられる。当然日本のメディアでは扱われていない問題である。本書でも書かれているが第四代国王からひそかに対策を講じてきてはいるが解決には至っていない。しかし長い目で解決を行っているように中枢では尽力している。
とはいえブータンの幸福を希求する姿勢についてはそれを忘れかけているわれわれ日本人も見習わなければならない。

« イタリア・マフィア | トップページ | 大帝没後 »

書評の部屋」カテゴリの記事

書評の部屋(社会科学)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1019087/22015698

この記事へのトラックバック一覧です: ブータンに魅せられて:

« イタリア・マフィア | トップページ | 大帝没後 »

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

セミナー&イベント出没情報

ご意見等こちらでどうぞ

  • kuramae0712★gmail.com (注:★を@に変換してください)

Facebook

Mixiリンク

  • マイミク大歓迎。そうでない人もアカウントがあれば私のより詳しいプロフィールを見ることができます。
    mixi(ミクシィ)やってます!

ブクログ

書評ぶろぐ

著者

出版社

当ブログのレベル

人気記事ランキング