美容院・美容室・ヘアサロン・理容室・理容院向けの税理士

下のバナーのクリックをお願いします!

  • ブログランキング【くつろぐ】
  • ブログランキング・にほんブログ村へ

ビジネス書書評ブログリング

AddClips

ブックマーク

RSS登録もどうぞ

検索ワード

そのほかのバナー

  • 携帯アクセス解析
  • あわせて読みたいブログパーツ

北海道新聞

無料ブログはココログ

« その死に方は、迷惑です | トップページ | 誰も知らない教育崩壊の真実 »

線路にバスを走らせろ

線路にバスを走らせろ 「北の車両屋」奮闘記 (朝日新書 56) 線路にバスを走らせろ 「北の車両屋」奮闘記 (朝日新書 56)
畑川 剛毅

朝日新聞社  2007-07-13
売り上げランキング : 537203

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

バス→線路への走行。まさに夢のような乗り物、これが開発されるのは当分先…かと思いきや、実際に北海道でこういった乗り物が得来ていたことが明らかになった!その名も「DMV(デュアル・モード・ヴィーグル)」。現在では道東にあり現在は廃止になったふるさと銀河線のあったところに現在DMVはそうこうしている。
ではなぜこのような夢の乗り物ができたのかというのが本書である。本書では意向錯誤を事細かに書かれているドキュメンタリーであったので電車について分からない素人でも、電車のことをものすごくわかっている玄人でも楽しめる。さらにはこのDMVの将来の姿についてわずかではあるが考察もなされている。私自身の意見としてはまずは北海道でDMVを広めたほうがいいと思っている。北海道の産物ということを強調することも一つだが本書でも述べられているとおり赤字路線がほかの鉄道会社よりも多く廃止になるところも出てくるだろう。そもそもDMVの目標はそんな赤字路線の解消が根幹である。夢の乗り物であるがそれをつくる(つくらなければいけない?)厳しい現実。北海道にはそういうところである。しかしそういう状況だからでこそ、旭山動物園やDMVといったまったく斬新な産物ができていることを考えると、地方財政も全く新しいものになれば北海道はまだまだ元気になると私は思う。それをまだ知らない、あるいは手探りの状態であるだけかもしれない。

« その死に方は、迷惑です | トップページ | 誰も知らない教育崩壊の真実 »

書評の部屋」カテゴリの記事

書評の部屋(社会科学)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1019087/22482678

この記事へのトラックバック一覧です: 線路にバスを走らせろ:

« その死に方は、迷惑です | トップページ | 誰も知らない教育崩壊の真実 »

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

セミナー&イベント出没情報

ご意見等こちらでどうぞ

  • kuramae0712★gmail.com (注:★を@に変換してください)

Facebook

Mixiリンク

  • マイミク大歓迎。そうでない人もアカウントがあれば私のより詳しいプロフィールを見ることができます。
    mixi(ミクシィ)やってます!

ブクログ

書評ぶろぐ

著者

出版社

当ブログのレベル

人気記事ランキング