美容院・美容室・ヘアサロン・理容室・理容院向けの税理士

下のバナーのクリックをお願いします!

  • ブログランキング【くつろぐ】
  • ブログランキング・にほんブログ村へ

ビジネス書書評ブログリング

AddClips

ブックマーク

RSS登録もどうぞ

検索ワード

そのほかのバナー

  • 携帯アクセス解析
  • あわせて読みたいブログパーツ

北海道新聞

無料ブログはココログ

« 線路にバスを走らせろ | トップページ | テレビニュースは終わらない »

誰も知らない教育崩壊の真実

誰も知らない教育崩壊の真実−日本をダメにした狂育を断て! (OAK MOOK 205 撃論ムック) 誰も知らない教育崩壊の真実−日本をダメにした狂育を断て! (OAK MOOK 205 撃論ムック)
西村幸祐

オークラ出版  2008-03-03
売り上げランキング : 303766

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

戦後教育によって日本古来のアイデンティティが崩壊されたといっても過言ではない。しかもそれを促したのはGHQの仕業とも言われているがそうではない。真犯人は日教組による教育方針ではあったのではないだろうか。しかもゆとり教育の推奨によって日本の学力も低下の一途をたどっており、政府はようやくその間違いに気付き授業量を増やすことになったがどこまで回復するのか定かではない。さらにゆとり教育によって総合の授業が開設されたがそれによって教師の負担も増えてしまい普通の授業にも影響も与えてしまうという教師の叫びも聞こえ、日教組および文科省は本当に教師の声を聞いているのかという疑念も生じた。
教師のことについても醜態があった。日教組ばりの左翼的、共産主義的、反日的な教師がここまでやらかしていたとはと考えると教師という職業は幻滅してしまう。それに教師の中には国旗・国歌に憎悪感がはびこっており、2つの事件についても本書は書かれている。
これを踏まえて日本の教育というのは一体何なのか、文科省や日教組に頼らない教育の在り方が試されるのではなかろうか。

« 線路にバスを走らせろ | トップページ | テレビニュースは終わらない »

書評の部屋」カテゴリの記事

書評の部屋(社会科学)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1019087/22486766

この記事へのトラックバック一覧です: 誰も知らない教育崩壊の真実:

« 線路にバスを走らせろ | トップページ | テレビニュースは終わらない »

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

セミナー&イベント出没情報

ご意見等こちらでどうぞ

  • kuramae0712★gmail.com (注:★を@に変換してください)

Facebook

Mixiリンク

  • マイミク大歓迎。そうでない人もアカウントがあれば私のより詳しいプロフィールを見ることができます。
    mixi(ミクシィ)やってます!

ブクログ

書評ぶろぐ

著者

出版社

当ブログのレベル

人気記事ランキング