美容院・美容室・ヘアサロン・理容室・理容院向けの税理士

下のバナーのクリックをお願いします!

  • ブログランキング【くつろぐ】
  • ブログランキング・にほんブログ村へ

ビジネス書書評ブログリング

AddClips

ブックマーク

RSS登録もどうぞ

検索ワード

そのほかのバナー

  • 携帯アクセス解析
  • あわせて読みたいブログパーツ

北海道新聞

無料ブログはココログ

« ブログがジャーナリズムを変える | トップページ | 副島隆彦の人生道場 »

ニッポン・サバイバル

ニッポン・サバイバル ―不確かな時代を生き抜く10のヒント (集英社新書) ニッポン・サバイバル ―不確かな時代を生き抜く10のヒント (集英社新書)
姜 尚 中

集英社  2007-02-16
売り上げランキング : 112480

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

東大大学院で政治学教授である姜尚中氏が著者の理論と体験談をもとに寄せられた声にこたえていくという1冊である。著者なりの答え方であり、しかも自分なりのスタンスを貫いているところに本書のいいところである。私もほとんどの意見に共感を持つことができる。
ただし憲法九条に関してはちょっと異論を述べたい。著者は憲法九条を変えることによって戦争のできる国にしようという論客が多いとおっしゃられたが、確かにそういう人もいるが、それは半数もいない。もう半数はもっと守備範囲を広げて集団的自衛権を保持しようということである。それともう一つはイラクをはじめとする海外への人道支援を憲法により保障できるものとすることも改憲論の中の一つと言えるのではないだろうか。特にイラク戦争での自衛隊の後方支援に関しては日本では賛否両論はあったものの国連のアナン前事務総長は高く評価している。私は改憲を行い、集団的自衛権を保持し、戦禍の国々で後方支援を行いながら復興を行うということこそ日本の国防の役割であると私は思う。

« ブログがジャーナリズムを変える | トップページ | 副島隆彦の人生道場 »

書評の部屋」カテゴリの記事

書評の部屋(社会科学)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1019087/22281596

この記事へのトラックバック一覧です: ニッポン・サバイバル:

« ブログがジャーナリズムを変える | トップページ | 副島隆彦の人生道場 »

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

セミナー&イベント出没情報

ご意見等こちらでどうぞ

  • kuramae0712★gmail.com (注:★を@に変換してください)

Facebook

Mixiリンク

  • マイミク大歓迎。そうでない人もアカウントがあれば私のより詳しいプロフィールを見ることができます。
    mixi(ミクシィ)やってます!

ブクログ

書評ぶろぐ

著者

出版社

当ブログのレベル

人気記事ランキング