美容院・美容室・ヘアサロン・理容室・理容院向けの税理士

下のバナーのクリックをお願いします!

  • ブログランキング【くつろぐ】
  • ブログランキング・にほんブログ村へ

ビジネス書書評ブログリング

AddClips

ブックマーク

RSS登録もどうぞ

検索ワード

そのほかのバナー

  • 携帯アクセス解析
  • あわせて読みたいブログパーツ

北海道新聞

無料ブログはココログ

« 新聞がなくなる日 | トップページ | タイアップの歌謡史 »

長い戒名ほど立派なのか

長い戒名ほど立派なのか (ベスト新書 120) 長い戒名ほど立派なのか (ベスト新書 120)
加藤 廣 若桜木 虔

ベストセラーズ  2007-01
売り上げランキング : 820511

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

戒名というのは死後につけられるので、私たちにとってはあまり縁がないように思える。しかし、もし自分が死んだらどのような戒名が付けられるのかというのはじつは自由に選べられるというわけではないとも思った。
しかし戒名というのはそうではないという。そもそも死後につけられるのは日本くらいで他の国の仏教での戒名は生前に付けられるそうだ。それに戒名というのは鬼籍(死後に入るところ)に入るための通行証と間違えられやすい。確かに死後に与えられることが風習となってはいるものの、仏門をたたいたものは世俗から離れているので生きている間に戒名が名づけられるという。とりわけ戦国武将の中でも苗字と戒名で名乗っていたほどである。
さて本書の内容に戻る。本書はその戒名について考察されている。戒名には多くの類があり、その中でも長いものは立派なのかというが、本書から見るにそれほど立派なものではないものまであった。ということなので表題の答えよりも結論はそうではないと。
しかし、道号によっての格付けはなされているという。道号というのは戒名の一番後ろにある「居士」や「大居士」に当たるのが道号である。これについての詳細は本書で見れば早いと思う。
本書で一番気になったのは戒名を名づけられるに際して戒名料がとられるということ。下は5万以下のものから、上は500万以上かかるものもあるという。おかしいのではないかと考えてしまうが、妥協してしまう側面もある。そもそも仏門自体自宅の仏壇へつき1回、場合によっては年数回お坊さんが訪問してお経をあげるということをしている。実際私の実家もそうだった。その香典だけでも結構稼げるものの、それでは修行にいそしんでいる僧たちが困窮してしまう。そこで戒名である。戒名料を徴収して修行とはいえ少なからずとも修行にいそしめるような稼ぎができるのではないかと私は考える。これはあくまで私自身の私見であるので、実際とはちょっと違うかもしれないのでご承知いただきたい。

« 新聞がなくなる日 | トップページ | タイアップの歌謡史 »

書評の部屋」カテゴリの記事

書評の部屋(人文)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1019087/22346177

この記事へのトラックバック一覧です: 長い戒名ほど立派なのか:

« 新聞がなくなる日 | トップページ | タイアップの歌謡史 »

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

セミナー&イベント出没情報

ご意見等こちらでどうぞ

  • kuramae0712★gmail.com (注:★を@に変換してください)

Facebook

Mixiリンク

  • マイミク大歓迎。そうでない人もアカウントがあれば私のより詳しいプロフィールを見ることができます。
    mixi(ミクシィ)やってます!

ブクログ

書評ぶろぐ

著者

出版社

当ブログのレベル

人気記事ランキング