美容院・美容室・ヘアサロン・理容室・理容院向けの税理士

下のバナーのクリックをお願いします!

  • ブログランキング【くつろぐ】
  • ブログランキング・にほんブログ村へ

ビジネス書書評ブログリング

AddClips

ブックマーク

RSS登録もどうぞ

検索ワード

そのほかのバナー

  • 携帯アクセス解析
  • あわせて読みたいブログパーツ

北海道新聞

無料ブログはココログ

« いま医療現場で起きていること | トップページ | 教科書に書かれなかった戦争 »

自治体破産―再生の鍵は何か

自治体破産―再生の鍵は何か (NHKブックス) 自治体破産―再生の鍵は何か (NHKブックス)
白川 一郎

日本放送出版協会  2007-03
売り上げランキング : 431174

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

2006年6月北海道夕張市が財政再建団体の申請を表明した。観光政策等に失敗し、多額の赤字を抱えてしまったという。そして赤字隠しも発覚しその額は数年分にもなる。しかしその赤字予備軍と言うのは全国各地にあり、特に熱海市や大阪府では財政危機宣言を宣言している。宣言していないところでも多額の赤字を抱えており。大阪では5兆円とわれているが、北海道ではそれ以上の赤字を抱えているという。だが知事は財政危機宣言を行っていない。それは財政破綻や危機宣言を行ったら行政に対する信頼が0になってしまうのである。当然財政の健全化と言うのは必須条件ではあるが、それ以上に財政を透明化することは、民はそれによって信頼を失う人もいれば、透明化したことにより行政に対して愛の鞭を打つ民もいる。自治体の財政がひどい状態を隠そうとする首長がいいのか、それとも大阪の橋下知事のように財政を透明化し黒字化を進めようとする首長がいいのか、それを選ぶのは我々国民の選挙である。国のために、地方のためにだれを選ぶべきかと言うのは国民に与えられた選挙の権利の行使である。それを有効に利用しない限り「経済は一流(今は二流)・政治はに隆・国民は三流」と言われ続けるだろう。

« いま医療現場で起きていること | トップページ | 教科書に書かれなかった戦争 »

書評の部屋」カテゴリの記事

書評の部屋(社会科学)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1019087/22617932

この記事へのトラックバック一覧です: 自治体破産―再生の鍵は何か:

« いま医療現場で起きていること | トップページ | 教科書に書かれなかった戦争 »

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

セミナー&イベント出没情報

ご意見等こちらでどうぞ

  • kuramae0712★gmail.com (注:★を@に変換してください)

Facebook

Mixiリンク

  • マイミク大歓迎。そうでない人もアカウントがあれば私のより詳しいプロフィールを見ることができます。
    mixi(ミクシィ)やってます!

ブクログ

書評ぶろぐ

著者

出版社

当ブログのレベル

人気記事ランキング