美容院・美容室・ヘアサロン・理容室・理容院向けの税理士

下のバナーのクリックをお願いします!

  • ブログランキング【くつろぐ】
  • ブログランキング・にほんブログ村へ

ビジネス書書評ブログリング

AddClips

ブックマーク

RSS登録もどうぞ

検索ワード

そのほかのバナー

  • 携帯アクセス解析
  • あわせて読みたいブログパーツ

北海道新聞

無料ブログはココログ

« オリエント急行の時代 | トップページ | レバレッジ時間術 »

日本語の奇跡

日本語の奇跡―「アイウエオ」と「いろは」の発明 (新潮新書) 日本語の奇跡―「アイウエオ」と「いろは」の発明 (新潮新書)
山口 謠司

新潮社  2007-12
売り上げランキング : 219673

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

日本ほど、字や語彙組み合わせの多い国はない。しかし、なぜこれほどまでに多くなってしまったのか。そしてなぜこれらは生まれたのか。それを解説をしているのが本書である。
日本語のルーツの本についてはタミル語からきているという本にはであったことはあるが、こちらは中国の儒教の文化から、飛鳥時代以降の日本の歴史も兼ねてそのルーツを探っているところが特徴であると私は本書を見てそう思った。しかしカタカナの誕生については、漢字の簡略化や外国名によるものというだけであって、ではなぜカタカナになったのかがはっきりと分からなかったところが惜しかった。
世の中正しい日本語をという風潮も多く、逆に新しい語彙も増えており日本語は日々変容している。しかし、根本的な軸がなければ日本語に限らず言語というのは崩壊する。本書はその原点について述べているのではないだろうか。

« オリエント急行の時代 | トップページ | レバレッジ時間術 »

書評の部屋」カテゴリの記事

書評の部屋(人文)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1019087/22041338

この記事へのトラックバック一覧です: 日本語の奇跡:

« オリエント急行の時代 | トップページ | レバレッジ時間術 »

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

セミナー&イベント出没情報

ご意見等こちらでどうぞ

  • kuramae0712★gmail.com (注:★を@に変換してください)

Facebook

Mixiリンク

  • マイミク大歓迎。そうでない人もアカウントがあれば私のより詳しいプロフィールを見ることができます。
    mixi(ミクシィ)やってます!

ブクログ

書評ぶろぐ

著者

出版社

当ブログのレベル

人気記事ランキング