美容院・美容室・ヘアサロン・理容室・理容院向けの税理士

下のバナーのクリックをお願いします!

  • ブログランキング【くつろぐ】
  • ブログランキング・にほんブログ村へ

ビジネス書書評ブログリング

AddClips

ブックマーク

RSS登録もどうぞ

検索ワード

そのほかのバナー

  • 携帯アクセス解析
  • あわせて読みたいブログパーツ

北海道新聞

無料ブログはココログ

« 家康と茶屋四郎次郎 | トップページ | F1 ドイツGP PP予想 »

ウェブ人間退化論

ウェブ人間退化論―「社会のIT化」は「サル化」への道!? ウェブ人間退化論―「社会のIT化」は「サル化」への道!?
正高 信男

PHP研究所  2008-05-27
売り上げランキング : 302603

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

本書は今現在反映しているIT化を悲観的にとらえ、IT技術の進歩に従ってどんどん日本人は退化しているのではないかと主張している1冊である。
完全に間違っているという感覚で私は本書を読んだのだが、著者の意見には一理あると考える。とりわけ技術の進歩により、人と人とが面と向かって話すコミュニケーションが減っているということは確かにそうかもしれない。当然「話す」ということも最近ではそれほど多くなくなったように見える。しかし、コミュニケーションというのは昔と今では当然違うし昔からもっと昔とでも違う。何を言いたいかというとコミュニケーションというのは絶えず変容しているのではないかということ。だから技術の進歩によるコミュニケーションの変化も私は是であると思う。
しかし後半は全く賛同できない。まずIT化によっていじめが増えたとあるが、これはITとは全く関係がない。親とのコミュニケーションや家族間の環境が主である。その微妙な変化にさらされただけでも子供は敏感に受け止められてしまう。特に離婚や家庭内暴力など急激に悪くなるものは子供にとっても悪影響を及ぼしてしまう。私はそこにあるのではないかと思う。それと周りの取り巻く環境、特に地域の親密感の減少、そして何よりも学校での教師、PTAの在り方の変化などがあげられるのではないだろうか。
第4章では著者が何を言いたいのかがよくわからない。心のメタボリックとあるが何を基準にして行っているのかが本書では全く読めなかった。
そして最後については年に1回ITを離れる程度であれば本書のことがよくわかると思う。私は実際こういう風に触れていなかった高校時代にはいろいろなものを得ることができた。しかしITに数多く触れるようになった大学時代にはさらに違ったものも得ることができた。だからITから得られるものは少ないというのはお門違いである。
ITの悪いところばかりをあげつらっていて何もなかった時をよしとする考え方というのは、いつの時代もそういう考えはあるが、それは現在の進歩を否定しているという己の自己欲求の充足でしかならないと私は考える。本書はそんな類ではなかろうか。

« 家康と茶屋四郎次郎 | トップページ | F1 ドイツGP PP予想 »

書評の部屋」カテゴリの記事

書評の部屋(社会科学)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1019087/22401360

この記事へのトラックバック一覧です: ウェブ人間退化論:

« 家康と茶屋四郎次郎 | トップページ | F1 ドイツGP PP予想 »

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

セミナー&イベント出没情報

ご意見等こちらでどうぞ

  • kuramae0712★gmail.com (注:★を@に変換してください)

Facebook

Mixiリンク

  • マイミク大歓迎。そうでない人もアカウントがあれば私のより詳しいプロフィールを見ることができます。
    mixi(ミクシィ)やってます!

ブクログ

書評ぶろぐ

著者

出版社

当ブログのレベル

人気記事ランキング