美容院・美容室・ヘアサロン・理容室・理容院向けの税理士

下のバナーのクリックをお願いします!

  • ブログランキング【くつろぐ】
  • ブログランキング・にほんブログ村へ

ビジネス書書評ブログリング

AddClips

ブックマーク

RSS登録もどうぞ

検索ワード

そのほかのバナー

  • 携帯アクセス解析
  • あわせて読みたいブログパーツ

北海道新聞

無料ブログはココログ

« これでは愛国心が持てない | トップページ | F1 ドイツGP ハミルトンが2連勝!!ピケ Jr. が初表彰台!!! »

力士の世界

力士の世界 (文春新書 603) 力士の世界 (文春新書 603)
33代木村庄之助

文藝春秋  2007-11-16
売り上げランキング : 241764

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

まずは、本書の表題には力士と書いてあるが、ここでは「ちからびと」と呼ばれている。なぜこう呼ばれたのかというのは相撲を見ても本書を見てもよくわかる。そもそも相撲というのは肉体的な力と力のぶつかり合いである。力と力のぶつかり合いで言ったらK-1やプロレスもそうではないのかという気がするが…。
本書は昨年の春場所に引退した元行司の33代目木村庄之助が相撲のすべてを語っている。それだけではなく「横綱の品格」やそれに伴って昨年話題となった「朝青龍問題」についても著者なりの減給をしている。
相撲は神道に大きくかかわるとされているが、著者は先輩行司から聞いた話などをもとにしてより具体的に、そして図を基にして表しているため相撲初心者のためにわかりやすく書かれているので、易々と理解することができた。ここでは相撲と神事の関係の初級編と言ったところだろう(ちなみに中・上級編は「女はなぜ土俵にあがれないのか」などがある)。
さて力士の生活や現状についても事細かに書かれており、本書を片手に相撲を見るというのもまたおもしろいかもしれない。

« これでは愛国心が持てない | トップページ | F1 ドイツGP ハミルトンが2連勝!!ピケ Jr. が初表彰台!!! »

書評の部屋」カテゴリの記事

書評の部屋(人文)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1019087/22434042

この記事へのトラックバック一覧です: 力士の世界:

« これでは愛国心が持てない | トップページ | F1 ドイツGP ハミルトンが2連勝!!ピケ Jr. が初表彰台!!! »

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

セミナー&イベント出没情報

ご意見等こちらでどうぞ

  • kuramae0712★gmail.com (注:★を@に変換してください)

Facebook

Mixiリンク

  • マイミク大歓迎。そうでない人もアカウントがあれば私のより詳しいプロフィールを見ることができます。
    mixi(ミクシィ)やってます!

ブクログ

書評ぶろぐ

著者

出版社

当ブログのレベル

人気記事ランキング