美容院・美容室・ヘアサロン・理容室・理容院向けの税理士

下のバナーのクリックをお願いします!

  • ブログランキング【くつろぐ】
  • ブログランキング・にほんブログ村へ

ビジネス書書評ブログリング

AddClips

ブックマーク

RSS登録もどうぞ

検索ワード

そのほかのバナー

  • 携帯アクセス解析
  • あわせて読みたいブログパーツ

北海道新聞

無料ブログはココログ

« 西南戦争 | トップページ | F1 フランスGP PP予想 »

創氏改名

創氏改名―日本の朝鮮支配の中で (岩波新書 新赤版 1118) 創氏改名―日本の朝鮮支配の中で (岩波新書 新赤版 1118)
水野 直樹

岩波書店  2008-03-19
売り上げランキング : 194453

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

「創氏改名」は歴史の教科書ではそれほど出ておらずあまり詳細に書かれてはいなかったものの、日本の植民地教育の象徴的政策の一つとして挙げられている。しかしそこでも歴史認識問題がうごめいているのも事実である。強制的に解明させられたという声もあれば、麻生氏が発言した「強制的ではなく自発的なものであった」という見解に分かれている。さて創氏改名は一体どのように生まれどのように息づいてきていたのか。
「創氏改名」は昭和十四年に2回発令されており、一つは強制(徴令十九号)、もう一つは任意(徴令二十号)であるので、強制的に行われたという意見もあり、自らの遺志で行われたのも一つの意見であろう。大義名分で言えば植民地化による同化政策といわれるかもしれないが、実際は同化政策ではなく「差異化」にあったのだという。これは非常に衝撃的であり、いかに創氏改名が「差別」という力を生じたのかを本書が証明されている。
植民地支配については非常に多くの文献はあるが「創氏改名」に関する文献はそれほど多くない。そういう意味では本書はいかに重要な1冊であるのかがわかった。

« 西南戦争 | トップページ | F1 フランスGP PP予想 »

書評の部屋」カテゴリの記事

書評の部屋(人文)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1019087/21784717

この記事へのトラックバック一覧です: 創氏改名:

« 西南戦争 | トップページ | F1 フランスGP PP予想 »

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

セミナー&イベント出没情報

ご意見等こちらでどうぞ

  • kuramae0712★gmail.com (注:★を@に変換してください)

Facebook

Mixiリンク

  • マイミク大歓迎。そうでない人もアカウントがあれば私のより詳しいプロフィールを見ることができます。
    mixi(ミクシィ)やってます!

ブクログ

書評ぶろぐ

著者

出版社

当ブログのレベル

人気記事ランキング