美容院・美容室・ヘアサロン・理容室・理容院向けの税理士

下のバナーのクリックをお願いします!

  • ブログランキング【くつろぐ】
  • ブログランキング・にほんブログ村へ

ビジネス書書評ブログリング

AddClips

ブックマーク

RSS登録もどうぞ

検索ワード

そのほかのバナー

  • 携帯アクセス解析
  • あわせて読みたいブログパーツ

北海道新聞

無料ブログはココログ

« 「名誉毀損」ではないでしょ | トップページ | ビジネス頭を創る7つのフレームワーク力 »

グーグル

グーグル―Google 既存のビジネスを破壊する  文春新書 (501) グーグル―Google 既存のビジネスを破壊する  文春新書 (501)
佐々木 俊尚

文藝春秋  2006-04
売り上げランキング : 148266

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

グーグルというのは検索エンジンである。という人が多いが実はそうではない。それではグーグル自体が成り立たないからである。ではこのグーグルは何によって成り立っているのかというと、検索結果の右端にある広告、もしくはスポンサーサイト。これの「広告収入」が収益の大多数を占めているのである。つまりグーグルは広告戦略の根底を覆したビジネスであった。
しかしこのグーグルは破壊したビジネスはそれだけではない。マイクロソフトをはじめ多くの既存ビジネスを破壊し莫大な権力と利益を上げたのである。しかしそんなグーグルにも闇の部分が存在している。代表的な例の一つとして「グーグル八分」があげられる。それから強大化したことによりユーザーに対して非常に強権的になったことも本書で明らかにしている。またグローバル化に対して政治的なことも絡んできている。例えば中国政府の検閲の容認もその1つの例として挙げられる。
グーグルの神格化は言い過ぎではあるが、グーグルに関するビジネスはビジネスの教科書の一つの例として未来永劫挙げられてもいいだろう。

« 「名誉毀損」ではないでしょ | トップページ | ビジネス頭を創る7つのフレームワーク力 »

書評の部屋」カテゴリの記事

書評の部屋(ビジネス)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1019087/21749820

この記事へのトラックバック一覧です: グーグル:

« 「名誉毀損」ではないでしょ | トップページ | ビジネス頭を創る7つのフレームワーク力 »

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

セミナー&イベント出没情報

ご意見等こちらでどうぞ

  • kuramae0712★gmail.com (注:★を@に変換してください)

Facebook

Mixiリンク

  • マイミク大歓迎。そうでない人もアカウントがあれば私のより詳しいプロフィールを見ることができます。
    mixi(ミクシィ)やってます!

ブクログ

書評ぶろぐ

著者

出版社

当ブログのレベル

人気記事ランキング