美容院・美容室・ヘアサロン・理容室・理容院向けの税理士

下のバナーのクリックをお願いします!

  • ブログランキング【くつろぐ】
  • ブログランキング・にほんブログ村へ

ビジネス書書評ブログリング

AddClips

ブックマーク

RSS登録もどうぞ

検索ワード

そのほかのバナー

  • 携帯アクセス解析
  • あわせて読みたいブログパーツ

北海道新聞

無料ブログはココログ

« 分裂にっぽん 中流層はどこへ | トップページ | 性表現規制の限界 »

医療の限界

医療の限界 (新潮新書) 医療の限界 (新潮新書)
小松 秀樹

新潮社  2007-06
売り上げランキング : 55110

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

本書は昨年あたりに1度読んだことがあるが、その時は医療に関する知識は微々たるものであったのであまりよく理解ができなかった。したがって本書を読むのは2回目ということになる。それまでで一応いくつかの文献を読んできたし、TV番組でも新しい知識を蓄えてきたので今回は非常に読みやすかったし、またいくつかの文献に関連付けられるくだりもあったので興味深い内容であった。
本書で糾弾している中で印象的だったのが医療事故(とそれにおける裁判)とクレーマーである。クレーマーに関しては医療に限らず学校や会社でも最近急増し、社会問題となっている。なかでも医療の現場では「モンスター・ペイシェント」が深刻な問題となっており、患者の権利(医師は患者に暴力等で抑止することをやむを得ない理由でない限り禁じられている)によって医者のストレスが増す一方であるということをTVで見たことがある。
そして本書で一番多く書かれていたのは「医療事故」である。これも最近医療ミスによる民事訴訟(時には刑事訴訟)が頻繁に起きている。ここで私も著者も言っているが「医者は神ではない、超人ではない」ということ。すなわち100%医者に行けば病気やけがが治るわけではないし、手術でも「猿も木から落ちる」のごとく、絶対にミスをしないということは限らないということである。それを大前提にして、予防のために何をすればいいか、もし起きてしまったらどうすればよいのかを東京の虎の門病院の取り組みを基にして説明している。
最も医療事故というのは「世論」によって、もっと言えばメディアによってつくられていると言っても過言ではないということもよくわかる。

« 分裂にっぽん 中流層はどこへ | トップページ | 性表現規制の限界 »

書評の部屋」カテゴリの記事

書評の部屋(社会科学)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1019087/21867609

この記事へのトラックバック一覧です: 医療の限界:

» 【裁判】 "心神喪失だから無罪" 狭い道を車で暴走、「悪魔に命令された!」と男女5人を次々はねて殺傷した男に、2審も無罪判決★2 [【究極の宗教】Physical Mankindism【PM】 by Humitaka Holii (堀井文隆)]
http://mamono.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1214305297/ [続きを読む]

« 分裂にっぽん 中流層はどこへ | トップページ | 性表現規制の限界 »

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

セミナー&イベント出没情報

ご意見等こちらでどうぞ

  • kuramae0712★gmail.com (注:★を@に変換してください)

Facebook

Mixiリンク

  • マイミク大歓迎。そうでない人もアカウントがあれば私のより詳しいプロフィールを見ることができます。
    mixi(ミクシィ)やってます!

ブクログ

書評ぶろぐ

著者

出版社

当ブログのレベル

人気記事ランキング