美容院・美容室・ヘアサロン・理容室・理容院向けの税理士

下のバナーのクリックをお願いします!

  • ブログランキング【くつろぐ】
  • ブログランキング・にほんブログ村へ

ビジネス書書評ブログリング

AddClips

ブックマーク

RSS登録もどうぞ

検索ワード

そのほかのバナー

  • 携帯アクセス解析
  • あわせて読みたいブログパーツ

北海道新聞

無料ブログはココログ

« 反貧困―「すべり台社会」からの脱出 | トップページ | 医療の限界 »

分裂にっぽん 中流層はどこへ

分裂にっぽん 中流層はどこへ 分裂にっぽん 中流層はどこへ
朝日新聞「分裂にっぽん」取材班

朝日新聞社  2007-09-07
売り上げランキング : 677295

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

かつては「1億総中流時代」と呼ばれていた。しかしバブル崩壊以後景気が後退し、失業者が増加した。景気が戻ってきた2000年代前半では「格差」が顕著なものとなり、貧富の差が年々激しさを増していった。本書はその格差問題を広範囲にわたる取材でその格差に苦しんでいる人たちのルポも兼ねている1冊である。
格差問題というのは非常に深刻ではあるが、これに関しては両端の側面がある。一つは「自己責任論」もう一つはいくら頑張ってもそれに見合う対価が支払われていない「他己責任論」とわかれる。後者のほうからみると、今の非正規雇用の人口の比率、数ともに右肩上がりであることが要因である。反面正社員の数も減ってきている。しかし正社員も福利厚生こそなされてはいるものの2000年に比べて給料が減っているのも実情として挙げられる。それでいて物価上昇。現在正社員でもそのワーキングプアの波が押し寄せているというのも現状である。非正規雇用に関しては人件費削減というのがよくわかる。では両方で削減した人件費はというと、ほとんどが純利益として計上され、株主配当や役員賞与に回っているという実情である。前者はニートの中には働きたくないという考えの人もおり、そういう人たちの視点も本書は描くべきではなかろうか。
最後になるが、弱者救済は行うべきではあるが、弱者には最低限生活できるような雇用やアドバイスや給料がなされるべきである。

« 反貧困―「すべり台社会」からの脱出 | トップページ | 医療の限界 »

書評の部屋」カテゴリの記事

書評の部屋(社会科学)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1019087/21852453

この記事へのトラックバック一覧です: 分裂にっぽん 中流層はどこへ:

« 反貧困―「すべり台社会」からの脱出 | トップページ | 医療の限界 »

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

セミナー&イベント出没情報

ご意見等こちらでどうぞ

  • kuramae0712★gmail.com (注:★を@に変換してください)

Facebook

Mixiリンク

  • マイミク大歓迎。そうでない人もアカウントがあれば私のより詳しいプロフィールを見ることができます。
    mixi(ミクシィ)やってます!

ブクログ

書評ぶろぐ

著者

出版社

当ブログのレベル

人気記事ランキング