美容院・美容室・ヘアサロン・理容室・理容院向けの税理士

下のバナーのクリックをお願いします!

  • ブログランキング【くつろぐ】
  • ブログランキング・にほんブログ村へ

ビジネス書書評ブログリング

AddClips

ブックマーク

RSS登録もどうぞ

検索ワード

そのほかのバナー

  • 携帯アクセス解析
  • あわせて読みたいブログパーツ

北海道新聞

無料ブログはココログ

« 子どもは若殿、姫君か? | トップページ | 人はなぜ簡単に騙されるのか »

組織はこうしてウソをつく!

「まずい!!」学―組織はこうしてウソをつく (祥伝社新書) 「まずい!!」学―組織はこうしてウソをつく (祥伝社新書)
樋口 晴彦

祥伝社  2007-07
売り上げランキング : 215743

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

組織行動においてなぜ失敗が繰り返されるのかというのを説いた一冊。本書は「パロマ湯沸かし器事故」「ふじみ野市プール事故」「『あるある2』番組捏造事故」を題材にしており、後半には「沖縄集団自決事件」を題材にして、条約はと艦隊派の対立など多くの事例を扱いながら組織の「まずい」を紹介している。
率直な感想としては、現在「食品偽装」騒動等が行われている中、少し前の事件について説かれている本は時代遅れとはまったく言えず、むしろ現在進行形という観点で読んでいくといい1冊であった。また、歴史認識問題、とりわけ沖縄集団自決についてもっと深めたい人にももってこいの1冊であった。

« 子どもは若殿、姫君か? | トップページ | 人はなぜ簡単に騙されるのか »

書評の部屋」カテゴリの記事

書評の部屋(社会科学)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1019087/20046149

この記事へのトラックバック一覧です: 組織はこうしてウソをつく!:

» つき指の読書日記(140) [つき指の読書日記]
 大江健三郎『沖縄ノート』(岩波新書)への旧帝国軍人の起こした名誉毀損の民事裁判で、被告大江氏に対し一審・地裁で無罪判決が出た。歴史事実に対しては氏がそう判断、論じても当時の状況下では問題ないとした内容である。明らかに史実がそうでない以上は、前に書いたように、教科書検定にまで野党が政治的圧力をかけるのはいかがなものか。  確かに歴史認識には、残念ながら時の勢いというものがある。いまでこそ自虐史観と認識され、しかも他国の史料が一部は公開され、そのことを多くの国民が明確に知り得るようになった...... [続きを読む]

« 子どもは若殿、姫君か? | トップページ | 人はなぜ簡単に騙されるのか »

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

セミナー&イベント出没情報

ご意見等こちらでどうぞ

  • kuramae0712★gmail.com (注:★を@に変換してください)

Facebook

Mixiリンク

  • マイミク大歓迎。そうでない人もアカウントがあれば私のより詳しいプロフィールを見ることができます。
    mixi(ミクシィ)やってます!

ブクログ

書評ぶろぐ

著者

出版社

当ブログのレベル

人気記事ランキング