美容院・美容室・ヘアサロン・理容室・理容院向けの税理士

下のバナーのクリックをお願いします!

  • ブログランキング【くつろぐ】
  • ブログランキング・にほんブログ村へ

ビジネス書書評ブログリング

AddClips

ブックマーク

RSS登録もどうぞ

検索ワード

そのほかのバナー

  • 携帯アクセス解析
  • あわせて読みたいブログパーツ

北海道新聞

無料ブログはココログ

« 謝罪の意思を示すのであれば… | トップページ | さすがに »

インターネットの法と慣習

インターネットの法と慣習 かなり奇妙な法学入門 [ソフトバンク新書] インターネットの法と慣習 かなり奇妙な法学入門 [ソフトバンク新書]
白田 秀彰

ソフトバンククリエイティブ  2006-07-15
売り上げランキング : 97652

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

まず、疑問に思ったのは目次の後の著者の写真。何か「世界のナベアツ」に激似のような…。それは置いといて、本書は著者本人が述べられているようにインターネットと法を学会で発表できないような駄文でとあるが、実際読んでいる本人にとっては非常に面白くできていると思った(ちなみに著者自身は大学准教授である)。さて、本題に入るがインターネットの世界で法律がないと言っている人も多いが、事実条文化されているが、罰則規定が非常に少ない。しかしその罰則規定があっても法の網をくぐって逃げていく輩が少なくないというのも事実。ではどのように法を変えたらよいのだろうかという問題になる。法の条文化もいいことだし、罰則規定を設けるべきであると考える。しかし、ただ取り締まるということには限界があるから、政府はそれを検閲する機関を作り(なるべく民間委託で)、24時間365日やるべきではないだろうか。

« 謝罪の意思を示すのであれば… | トップページ | さすがに »

書評の部屋」カテゴリの記事

書評の部屋(社会科学)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1019087/20199276

この記事へのトラックバック一覧です: インターネットの法と慣習:

« 謝罪の意思を示すのであれば… | トップページ | さすがに »

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

セミナー&イベント出没情報

ご意見等こちらでどうぞ

  • kuramae0712★gmail.com (注:★を@に変換してください)

Facebook

Mixiリンク

  • マイミク大歓迎。そうでない人もアカウントがあれば私のより詳しいプロフィールを見ることができます。
    mixi(ミクシィ)やってます!

ブクログ

書評ぶろぐ

著者

出版社

当ブログのレベル

人気記事ランキング